よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

プロポーズされた

きました。

 

とうとうきました。

 

夜寝る前に、パジャマで、

 

すっぴんでお互いダラダラしてるときに。

 

ロマンチックなプロポーズなんて、

 

期待するだけ無駄だと

 

いろんな人から知らされていたのですが

 

やっぱり、

 

小さくても花束とかさ、

 

一輪だけでもバラとかさ、

 

欲しいものなんだなと思いました。

 

 

いや、贅沢言っちゃいかん。

 

こんな私を引き受けてくれる、

 

数少ない物好きな人なのだから。

 

 

一緒に結婚式の段取りなどの話をするが

 

私は親族だけの小さい式をしたいと言った。

 

私のまわりの友人は、

 

彼の信仰のこともあって、

 

彼氏との結婚についてのきなみ反対なので

 

招待してもなあ。。。と思ったのだ。

 

彼氏本人は、

 

もともと自己主張も強くないので

 

少人数だろうが大型パーティーだろうが

 

どっちでもいいと言っていた。

 

私のやりたいようにやったらいいよ、と。

 

 

 

昔、付き合っていた、

 

途上国支援に熱心だった彼とだったら、

 

結婚式するの楽しかっただろうな。

 

おんなじ大学の友達も呼べるしさ。

 

自分も彼も人生で1番前を向いて

 

進んできた時間を共有してたしさ。

 

 

私は採用試験に、

 

彼は途上国支援に、

 

互いの目標を持ちながら、

 

支え合っていた。

 

そのときを知っている友人からは、

 

「今までの彼氏の中で、

 

その人が1番合ってたよ。

 

今の人よりも。

 

前の彼氏のときはキラキラしてた。」

 

 

と、4人くらいから

 

立て続けに言われた。

 

はっきりと、学会員ということについて

 

結婚を反対する友人もいた。

 

 

 でも、

 

 

あれから私は

 

採用試験に受かったけれど

 

精神的に弱く力もなく

 

病休とって休職して

 

教員の資質もなくて

 

ラクしたいとしか思わない。

 

もはやキラキラしていた頃の私じゃない。

 

その前の彼氏からも、

 

もう二度と私と付き合うことはないと

 

釘を刺された。

 

 

 

どんなに、他にいい人がいるとか

 

前の人の方が良かったとか

 

言われても

 

どこにも帰るところがないし

 

今の私を受け入れてくれる人も

 

そうたくさんいるものでもないから

 

ここが自分の妥協点ではないけど、

 

諦めどころなのだと思いたい。

 

これ以上幸せになれるとか、

 

これ以上いい人がいるとか、

 

もうそういうの

 

探すのも疲れた。

 

 

 

 

 

式に友達が来たとしても、

 

反対してる友達ばかりなので

 

もう式なんかしなくてもいいか、

 

と思うしかない。

 

 

招待したところで、内心みんな

 

「あーこんな人と結婚したのか」

 

と思うことになるだろうし。

 

 

 そして、どこか

 

「今の人じゃないのかも」

 

と自信のない自分に直面するのもつらい。

 

 

ぜんぶごまかしたまま、

 

気づかないまま、

 

ぜんぶ終わらせてしまいたい。

 

 

今の彼氏と別れたところで、

 

貴重な味方を失うだけだ。

 

 

もうめんどうくさい。

 

自分の人生のこと

 

いろいろ考えるのがめんどうくさい。

 

 

「生徒を殺したいと思う教員サイト」

とある男子生徒が大嫌いで、

 

今日も本当に腹がたっている。

 

遅刻、サボり、提出物出さないを

 

繰り返し、

 

腹を割って話ができたと思った次の日に

 

同じ失敗をする。

 

ほっておくと、さらにくりかえす。

 

叱ると、

 

「この前叱られなかったから

 

いいと思った」

 

という。

 

信頼して待っているのに、

 

全て嘘をつかれる。

 

 

今日もものすごく腹が立って、

 

彼が私に失礼な態度を取ったとき、

 

必要以上に厳しく注意したり、

 

あえて面倒な指示を出したりした。

 

 

 

 

このままではまずい。

 

このままでは、いけない。

 

そう思うのに、やめられない。

 

 

 

「生徒を殺したい   教員」と調べると、

 

出るわ出るわ、そんなサイト。

 

某有名掲示板にも

 

やはりそんなスレッドが存在していた。

 

 

 

教員が生徒をいかに憎んでいるか

 

いかに本人がクズか、

 

いかに保護者がクズかという

 

憎しみの渦のような書き込みと、

 

「そんな奴教師辞めろ」

 

「そんな奴教師の資格ない」 

 

「教員としてクズ」

 

という反論であふれていた。

 

 

おもしろくて、

 

どんどん読み込む手が止まらない。

 

 

みんな、やっぱりムカついてるんだなあ。

 

 

でも、その中に

 

「本当に殺したいと思ったら、

 

こんなところにあえて書かない。

 

どこか、そう思う自分に

 

後ろめたさがあるんじゃないの?

 

君は立派な教師だと思うよ」

 

 

という書き込みがあった。

 

 

そのときは、

 

「そんな綺麗事聞きたくない」

 

と思ったけど、

 

スレッドを読み込む手が止まった。

 

そのあとは

 

「生徒指導   うまくいかない」

 

と検索していた。

 

 

 

あの男子生徒が死ねばいいと

 

毎日のように思っている。

 

もう関わらないようしよう。

 

 

そう決めたけど、

 

やっぱり、

 

どこかスッキリしない。

 

 

 

 

 

本人に寄り添う教育なんて、

 

やってもやってもやってもやっても

 

ずっと裏切られてきて

 

それでも寄り添わないといけないのか、

 

意味不明だ、

 

 

と思うのに、

 

 

最終的には粘り強く

 

本人に寄り添うしか解決策はない。

 

 

悲しいことに。

 

生徒指導は、

 

「問題解決のスピード力と

 

教員の忍耐力が重要」

 

とサイトに書かれていた。

 

 

 

そうか。

 

 

またここから

 

スタートラインを引かないといけないのか。

 

 

 

今日は、

 

その憎くて大嫌いな生徒の

 

保護者に電話した。

 

 

 

「本人が、これまで以上に頑張っています。

 

あえて私は本人を褒めませんが

 

他の教員に彼を褒めてもらっています。

 

だから、直接は言えないけれど、

 

私はきちんと

 

本人の頑張りを見ています。」

 

 

保護者は別に

 

あんまり興味もなさそうに聞いていた。

 

息子がこんなに叱られて

 

毎回私にものすごい嫌味を言われていることを

 

もしかしたら知らないのか。

 

 

まあいいや。

 

 

 

電話したら、スッキリした。

 

 

どう対応するかはまだ決めてないけど、

 

殺したいという憎しみは

 

ずいぶん薄らいだ。

 

 

その後、

 

優しい先生に

 

その男子生徒の悪口を散々言って、

 

だいぶ気が済んだ。

 

 

やっぱり、ストレス溜まってたんだ。

 

 

 

授業準備で毎日遅くて

 

イライラしていたんだ。

 

 

 

 

 

早く、彼が卒業して、

 

私の前からいなくなりますように。

 

まあ、この世から

 

消えて無くなっても全然かまわないけど、

 

積極的に彼を憎むことなく、

 

私の体力消耗しない解決策が

 

見つかりますように。

 

 

そして、

 

もう少しお願いするなら、

 

彼と会うのがストレスになりすぎないよう

 

付かず離れずの関係になれますように。

 

 

彼をあまり憎まずにいられますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日家に着くのが10時か11時で辛い

やっと授業準備おわった

 

もう消えて無くなりたい

 

昨日は彼氏が来てくれたのに

 

なんでご飯食べて皿洗ってくれないのとか、

 

なんで私は疲れてるのに、

 

早く寝たいのに、

 

いつまでも電気つけて

 

テレビ見て、

 

ちょっとは私のこと考えてよって

 

イライラしてしょうがなかった。

 

 

今やっと帰れる

 

駅のホームで

 

時計が10時すぎてるのを見て

 

本当にイライラして

 

本当に駅のゴミ箱蹴飛ばして

 

自動販売機殴りたくなって

 

まわりのもの全部壊したくなる。

 

 

本当は10時に寝たい

 

今からご飯食べて

 

風呂入って

 

そしたら11:30になる

 

 

私の時間は?

 

私が楽しいことする時間は?????

 

 

私のための、

 

私だけの時間は

 

どこにいったの???????

 

 

もう意味わからない

 

 

学校全部壊れたらいい

 

生徒みんな事故でいなくなればいい

 

 

こんな学校なんて

 

早く定員割れて

 

統廃合されて

 

不良の卒業生も

 

今学校にいるうるさい奴らも

 

全部帰ってくる校舎なんか

 

なくなればいい

こうして欲しかったのになあの話

今日はずいぶん後ろ向きなブログですが、

 

自分を少しずつ客観的に見るためにも書こうと思う。

 

 

私は、つまらない大人になろうとしている。

 

しゃかりきに頑張ることもせず、

 

楽して効率よく仕事しようと

 

生産性上げることもせず、

 

ただただ

 

日曜日の憂鬱を解消するために

 

ラクな仕事に就きたいと思っている。

 

 

人と関わりたい、とか、

 

ものづくりがしたい、とか、

 

「プラス」を生み出す理由は1つもない。

 

 

ラクになりたい。

 

 

つまらない大人になったなあと思う。

 

 

自分が初任の頃に、

 

素敵だと思える先輩や

 

仕事を教えてくれた先輩は

 

あまり存在せず、

 

教員だとどうしても

 

互いに口出ししない

 

個人事業主の集合体みたいになる。

 

 

1つの目標に向かって

 

力を合わせることもしない。

 

 

誰も後輩を育てようなんて思わない。

 

 

 

 

私がまだやる気に満ちていたときに

 

今の学校に来ていたとしたら、

 

もっと頑張れていたのだろうか。

 

学校のことが好きになっていたのだろうか。

 

今の学校は、すべてが自分にとって

 

他人事みたいに思える。

 

 

進学実績も、

 

就職率も、

 

定員割れも、

 

模試の結果も、

 

行事の満足度も、

 

部活の業績も。

 

 

全部、知らない人のことみたい。

 

 

 

サッカーが県でベスト何だとか、

 

合唱部が大会進出とか、

 

そんなんどうでもいいとすら思う。

 

 

 

なんだろう、この投げやり感。

 

 

 

 

もっと素晴らしい同僚がいたら、

 

もっと最初に素晴らしい先輩に会えたら、

 

OJT制度があったら、

 

仕事の仕方について、教えてくれる人がいたら、

 

 

何かが変わっていたのだろうか。

 

 

 

もちろん私の性格だから、

 

どんなに素晴らしいものに出会っていようと

 

何かしら理由つけて

 

逃げようとしてしまうので、

 

実際には今の自分が現実の

 

等身大の自分なのだけれど。

 

 

 

でも、

 

 

仕事の仕方を誰かが教えてくれていたら。

 

 

そばで、生徒を見守るように、

 

教員を育てようとしてくれる

 

上司や同僚に出会えていたら。

 

 

 

今みたいな燃え尽きた自分には

 

ならなかったのかな。

 

 

 

あんなにやる気あったのにな。

 

 

どこにいっちゃったのかな。

 

 

あの情熱ややる気を

 

当初のような激しい想いとは違っても

 

せめて、

 

今の仕事に誇りを持てるような、

 

そんな形で残すことはできなかったのか。

 

 

もし、誰かと出会えていたら、

 

やる気に満ちて、

 

育ててくれる人と出会えていたら、

 

私はもう少し

 

違う形で、

 

自分を誇りに思える先生に

 

なれていたのではないだろうか。

 

 

有能な人は、側で見ないと真似できない。

 

 

私の周りは、

 

有能すぎて真似もできず、

 

しかも私のことをそんなに好きでもない人か、

 

 

長時間労働でカバーするタイプの人か、

 

うまく立ち回って仕事回避する人か、

 

性格そのものがもともと素敵で真似できない人か、

 

そんな人ばっかりで、

 

自分が真似したい、

 

自分もそうなれるかも、

 

できないことも、できるかも!

 

と思えるモデルケースもないし、

 

私を育ててくれそうな人もいない。

 

自分で育つしかない。

 

でもどうしたらいいのかわからない。

 

 

 

 

だんだん、

 

自分が成長するために

 

勉強したり、本を読むのが

 

億劫になってくる。

 

 

毎年同じ内容の授業でもういい。

 

問題集を毎日やらせてたらもういい。

 

ラクしたい。

 

 

 

今から言っても仕方のないことだし、

 

しようがないことだってわかってるのに

 

「もしも」の気持ちが止まらない。

 

 

 

もし、素敵な先輩がいたら

 

もし、最初にこの学校に赴任してたら

 

もし、私を指導してくれる人がいたら

 

私はこんなに落ちぶれずに済んだのではないか。

 

 

ラクなことばかり考えている

 

ダメ教員にならずに済んだのではないか。

 

あのときの情熱ややる気を

 

うまく保って

 

自分で誇れる自分になれたのではないか。

 

 

今日は本当にやる気が出ない。

 

 

 

 

秋バテ?つまらない大人になった気がする

連休明けだからなのか、

 

なぜか授業もうまくいかないし

 

何より仕事への情熱が

 

ほとんどなくなってきた気がする。

 

 

これまでは、

 

私なりに

 

「実社会で役立つ力をつけたい」

「生徒の価値観を変えるような授業がしたい」

 

という強い気持ちがあって、

 

これまで授業をしてきたつもりだ。

 

 

 

今日は全くやる気が出ない。

 

 

生徒と話すことも嫌。

 

授業も嫌。

 

簡単なほうれんそうも嫌。

 

 

 

いつも思うのは、

 

今よりラクな学校に行きたい、

 

ただそれだけ。

 

 

 

教員1年目、2年目の頃は、

 

授業実践の本もたくさん買ったし、

 

「17:00に帰りたいなんていう人は教員になるな」

 

とすら思っていた。

 

 

なぜ、年配の教員が、

 

仕事を互いに押し付けて、

 

大人の事情で生徒に不利益になることを

 

平気でやっているのか、

 

全く意味がわからなかった。

 

 

 

今なら、わかってしまう。

 

 

もう、生徒とぶつかったり、

 

生徒とわかりあったり、

 

生徒の成長を喜んだり、

 

 

そんな1つ1つがもう疲れた。

 

そしてめんどうくさい。

 

 

この1年で、この一瞬で、

 

別に生徒が変わることはない。

 

 

人が変わる時は、

 

本当にヤバい時とか、

 

本当に変わらないといけない事態に

 

陥った時なのであって、

 

 

この授業1コマで何が変わるだろう。

 

 

どうせ、何やったって

 

生徒は寝るか内職するか

 

隣のやつと喋るかで、

 

脳みそから授業の中身は抜けてしまう。

 

 

 

何やっても無駄。

 

何やっても変わらない。

 

だったら、ラクな方にいきたい。

 

だったら、生徒なんかほっといて

 

自分の体調のこと考えて

 

家に帰りたい。

 

 

ほんと、そんな気持ち。

 

 

つまらない大人になったなあと思うけど、

 

最初からつまらない大人なんていなくて、

 

みんな疲れて

 

だんだんつまらなくなっていくんだなあって思った。

 

 

 

 

 

 

 

今日の贈り物

①風がきもちよかった

 

②朝出勤がゆっくりだったので、

よく眠れた

 

③連休明けでしんどかったけど、

 

「気合い入れず」「とりあえず働くか」

 

くらいのテンションでいく作戦で

 

1日乗り切ることができた

 

 

④苦手な生徒が風邪で休んでいた

ラッキー

 

⑤授業準備が今日中に終わった

 

⑥好きな生徒とたくさん話ができた

 

⑦友達から嬉しいラインがきた

 

⑧彼氏がひざ枕してくれた

 

⑨お昼に食べたパスタがおいしかった

 

⑩自転車に空気入れたら、

 

すごく進みやすくてびっくりした!

 

 

あと、授業準備について。

 

1年目のとき、倒れた時は

 

毎日のように持ち帰り仕事してたけど、

 

もう一切しなくなった。

 

遅くまで残らないといけなくて

 

それはそれで大変だけど、

 

自分で決めたルールが守れて

 

とても嬉しい。

 

1年目に比べたら、

 

仕事もずいぶん早くなったと思う。

 

今日は会議が長引いて

 

21:30まで残業することになったけど、

 

その会議に出ず、

 

空きコマ時間に作業できていれば、

 

今日は19:30には帰れたことになっている。

 

 

てことは、明日の空きコマを

 

なるべく効率よく使って

 

できるところまで仕事しておけば、

 

これからももう少し早く帰れるはず。

 

 

 

 

早く来年になりますように。

 

早く今年度が終わりますように。

 

 

終わったらカレンダーにバツをつけていきたいけれど、

 

それをすると逆に

 

ときの流れが遅く感じてしまう気がする。

 

1年目の時に、

 

カレンダーにバツをつけていたけど、

 

残りあと140日ある!

 

とか数えた瞬間に嫌になってしまって、

 

最後は倒れてしまった。

 

気づいたら時が過ぎていた方がマシかなあ。

 

 

 

 

 

 

お姫様として自分を大切にするように実践したこと

自分を大切にする。

 

 

それは、何度も聞いたことのある言葉だけれど、

 

具体的にどうしたらいいかわからない。

 

 

自分を大切にすることは、

 

頭で考えるだけではダメで、

 

実際に行動すると、

 

「あ、私大切にされてる!」

 

と実感できて、とてもうまくいく。

 

 

 

最近私が私にしてあげたことは、

 

①朝ごはんを食べさせてあげる

 

②ハンドドリップのコーヒーを飲ませてあげる

 

③お昼ご飯を食べさせてあげる

 

 

この3つ。

 

①と③なんて、

 

意識してみて初めて

 

自分が今までご飯も食べさせてやらなかったのかとびっくりした。

 

自分を粗末にすることを

 

セルフネグレクトと言う。

 

 

私にちゃんと、

 

1日3回とまではいかなくても、

 

何度かご飯を食べさせてあげよう。

 

 

私は職場にいるときに

 

お昼ご飯を食べるのがおっくうで、

 

食べると眠くなるし、

 

集中が途切れる気がして、

 

お昼ご飯を食べないことが多かった。

 

まず緊張して、

 

ご飯が喉を通らないこともあった。

 

朝ごはんに至っては、

 

少しでも長く寝ていたいから、

 

食べずに家を出ていた。

 

 

 

最近は、

 

朝ごはんをしっかり作るのは

 

やっぱり難しいから、

 

フルーツや小さなパンなんか、

 

一口ですぐ食べられるものだけを

 

朝に2分くらいで食べるようにしている。

 

 

コーヒーも、

 

いつもめんどうで豆だけ買って

 

そのまま腐らせていたのだけど、

 

いいコーヒーを買って飲むようになった。

 

時間のあるときに、

 

自分にコーヒーを入れてあげる。

 

 

ちょっとしたことなのだけれど、

 

そういうことを

 

すればするほど、

 

「ああ、私って大切にされてるなあ」

 

と感じられて、気持ちよくなる。

 

 

だから、

 

洗濯したものを着るとか、

 

素敵なお化粧をするとか、

 

好きな洋服を着るとか、

 

あわ立てた洗顔で顔を洗うとか、

 

そういう細かいことって

 

自分を大切にしてあげるチャンスで、

 

生活の中にたくさんそのチャンスが

 

ころがっていて、

 

自分を気持ちよくさせてあげられる機会が

 

1日のうちにたくさんあるってわかった。

 

 

だったら、

 

そのチャンスを全部使って、

 

私を大切にしてあげよう。

 

 

 

今日も、美味しいコーヒーを2杯飲んだ。

 

 

嬉しいなあ。