よい子のやめ方〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

結婚しました

結婚しました。

 

私の最強の味方が一人増えました。

 

父、母、兄弟、友人、そして夫。

 

昔、松山ケンイチが、

 

小雪と結婚して子どもがうまれて

 

「家族ができてから、

 

外で何かあっても怖くない

 

誰に嫌われてもかまわないと

 

思えるようになって、

 

バラエティーでも喋れるようになった。」

 

と言っていた。

 

すごく気持ちがわかる。

 

 

 

あと、結婚しておいて矛盾するけど

 

事実婚の人の気持ちもなんとなくわかった。

 

これから世の中を生きていくために、

 

自分の最大の味方がいてくれることは、

 

籍を入れる入れないとは

 

また別の感覚なんだなあということ。

 

うまく言えないけど、

 

愛されている、愛していると確信できていたら、

 

入籍するしないはあくまでも制度上のことなんだと思う。

 

 

 

 

毎日家に帰ると話をすることができて、

 

自分が職場では言えなかったことや、

 

自分がつらかったこと、

 

嬉しいと思ったことを、

 

自分のポジションを気にしながら

 

気をつかいながら話さなくてもよくて、

 

本当に、何の条件もなしに、

 

自分の素直な気持ちを言うことができて、

 

自分って痛々しいかなとか

 

自分っておかしいかなとか思わずに

 

受け止めてもらえると安心しながら話すことができて、

 

そして辛いときにそばにいてくれるということは、

 

なんて素晴らしいことなんだろうと思う。

 

 

人生のなかでそう思える相手が、

 

異性であったり、同性であったり、

 

友人だったり、遠く離れた相手だったり、

 

ものすごく年が離れていたり

 

上司だったり、後輩だったり

 

いろんなパターンがあって、

 

 たまたま私には

 

恋愛相手で異性で結婚したい人であって 

 

なおかつ入籍するという制度に

 

抵抗がない二人であって、

 

そして市役所がそのときに開いていたから

 

結婚という形になったということだ。

 

 

 

 

 

自分で家族をつくれるというのは、

 

何て幸せなことなんだろうと思う。

 

 

 

きっと子どもが産まれなくても、産まれても、

 

今のところは、まわりと比べずに生きていけそうだなあと

 

しみじみ思った。

 

 

 

結婚するとラクになった。

 

友達は好きな人だけでいい。

 

お金はある程度あればいい。

 

嫌なことがあっても、帰る場所がある。

 

そして一番ホッとしたのは、

 

一人で自己実現に走り回らなくていいということだった。

 

自分は何者なのか、

 

もっと成長できるんじゃないか、

 

もっと違う人生があったんじゃないか、

 

このままでは、ダメなんじゃないか。

 

いつもいつも焦っている気持ちがあって、

 

ずっと自分探しが終わらない。

 

でも、結婚したら  

 

こんな中途半端な私であっても、

 

責めることなく肯定してくれる人が

 

毎日同じ空間にいてくれるから、

 

何者にもなれない自分へのプレッシャーが

 

すっと軽くなったような気がした。

 

ご飯を作ること、

 

皿を洗うこと、

 

洗濯すること、

 

二人で生活することが大切で、

 

それ以外はあまり考えなくてよくなったから

 

二人の生活に集中していればいいから。

 

 

私は夫に承認されることで、

 

やっと、自分を許せたのだと思う。

 

 

よいこのまま大人になってしまって、

 

いい大学に行けたことも、

 

就職できたことも、

 

ぜんぶ高下駄はかせてもらって

 

なんとか歩いてきていただけで

 

厳しい世の中を生き抜くための

 

最低限の自己主張さえもできないような、

 

そういう中途半端な自分を

 

そのまま受け止めてくれる人がいたから、

 

やっとじぶんを許すことができたのだ。

 

 

 

こんなはずじゃない、

 

もっと私はできるはず、

 

違う世界ならできるはず、

 

違う学校なら、違う職なら、違う国なら、

 

私はもっと個性的な人生を送れるはず、

 

そういう下駄をはいた私自身の私への

 

厳しいダメ出しに苦しむばかりで

 

ぐるぐる同じところを回っていた。

 

でも、やっと今は

 

下駄を脱いで、

 

素足のままの低い低い私も

 

誰かに見せることができたから、

 

もういいやって思えたのだと思う。

 

 

 

 

下駄をはいてるところも、

 

はいてないところも、

 

下駄をまたはきたいともがいてる私も、

 

自分探しでこじれてるところを含めて

 

安心して見せることができたのは

 

本当に素晴らしい体験だった。

 

 

 

 

 

 

今後、生きていたら、

 

成長して、自分らしく生きられる人生

 

というもう1つ上のフェーズの人生を

 

私は欲しがってしまうかもしれない。

 

高い下駄をはいて、

 

上のレベルの人たちに混ざりたいと

 

もがいてしまうこともあると思う。

 

そのときはそのときでいいや。

 

そう思ったら、そうしたらいい。

 

今は、家かえってお米炊いて

 

野菜炒め作って洗濯して

 

夫が皿を洗って掃除をして買い物して、

 

そんな作業を繰り返すことが

 

今は心地いいと思うから、

 

自分軸で心地いいこと、不快なことを

 

まわりに振り回されずに判断したい。

 

 

 

 

 

 

授業終わった!!!!!

今日で最後の授業、終わり。

 

自習だったけど。

 

テストも作った。

 

効率を意識して、よく働いた日だった。

 

美人の5時に帰る先生のおかげだ。

 

 

 

各クラスのテストをいれておく封筒には、

 

テスト日、監督者、受験場所を書く表がついていて、

 

1学期の中間テストから

 

学年末テストまでのマスがある。

 

テストごとに、マスに日付や監督者を書き込む。

 

そのマスを埋めるたび、

 

嬉しい気持ちになった。

 

すごろくしているみたいで、

 

自分はここまでこれたぞ、という

 

達成感がもてた。

 

 

 

今日、最後のマスを埋める。

 

2月○日○時間目、○年○組教室......

 

ああ、ここまで来たなあ。

 

1年、よく頑張ったなあ。

 

嬉しくて、胸がじんとする。

 

授業で使っていた、名簿や座席表が

 

もういらないものになっている。

 

それを片付けるとき、また胸がじんとするんだろう。

 

クラスごとに分けたプリントの束も、

 

発言回数チェック表も、もういらない。

 

チョークケースも片付けていい。

 

嬉しい。

 

自分が始めたことを、

 

自分で終えることができる。

 

 

 

気持ちがほっとしたのか、ひどい風邪を引いた。

 

今までにないくらい、

 

頭痛と喉の痛みがひどい。

 

たぶん熱もあるだろう。

 

でも、全然つらくないよ。

 

もう授業は終わったから。

 

体が、私は頑張った!ってアピールしているように感じる。

 

 

 

風邪ひいてるけど、今日はビール飲みに行こう。

 

ごちそう食べよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

5時で帰る美人の先生と話した

今日は、初めて定時ぴったりで帰った。

 

 

今日、学校でも一番きれいで

 

すてきな女性のA先生と話をする機会があった。

 

A先生はお子さんが生まれたばかりで

 

時短で勤務してる。

 

A先生「私、絶対に定時に帰ろうって

 

決めてるんです。

 

土日に仕事は絶対にしないの。」

 

私「でも、来年は先生確か分掌長ですよね?」

 

A先生「そう、でもね、絶対に定時に

 

帰るって思って仕事してるから!

 

担任してたときも、生徒にも言ってたよ。

 

もし5時過ぎて生徒が何か言ってきたら、

 

今、何時かわかる?

 

また明日にしようか。って言うの。

 

そしたら、生徒もだんだんわかってきて、

 

諦めるようになるよ。

 

ここの学校は、わりと強い気持ちさえあれば

 

先生たちにもなにも言われずに

 

自分のペースで仕事できるから、

 

私はなるべくこの学校にいたい。

 

あなたも自分の生活大切にしなきゃ。」

 

私「.....私も、土日、仕事したくないです。

 

今年は、土曜に学校行事、

 

日曜に部活の公式戦が入ることが多くて、

 

そのたびにしんどかったです。

 

でも、だらだら部活するよりは、

 

真面目に活動させたいと思ったから、

 

今年は頑張ったんですけど、

 

もう来年はやりたくないです。」

 

A先生「えっ!!あなた主顧問やってるの??

 

えーやる必要ないよ!!

 

やってない人なんていっぱいいるじゃん!

 

私もね、前は真面目に部活やらせたくて

 

頑張ったこともあったけど、

 

何であんな、ダラダラした人たちに

 

私の時間使わなきゃいけないの?って

 

腹がたってね、それからもう

 

やりたいことしかしないって決めたの!

 

あなた、もう結婚するんでしょ?

 

だったら家族大切にしなきゃ!」

 

私「.....来年は主顧問やりたくないって

 

部活顧問決めの先生に伝えてます。

 

でも、その先生も次の顧問見つからなくて

 

困るんだろうなあと辛いです。」

 

A先生「気にすることないよ。

 

みんな、少しずつどっかでズルしてる。

 

あなたは真面目にやりすぎだよ!」

 

私「じゃあ、来年やらなくていいですかね。」

 

A先生「いい、いい、全然いいよー。」

 

 

 

 

今まで、あまり話すことのなかったA先生は、

 

キラキラ先生グループの人だった。

 

きれいだし、話もおもしろい。

 

私と交わらない人だと思ってた。

 

でも、話したらとっても気さくな人で

 

結婚すると言ったらすっごくよろこんでくれた。

 

 

A先生は自分の気持ちに正直で、

 

自分の選択にも生き方にも

 

罪悪感もったりすることもなくて、

 

聞いてて胸がすっきりした。

 

部活みなくていいって、

 

はっきり言ってくれて、嬉しかった。

 

自分の過ごしやすいように生きてて、

 

それでいて美人の先生。

 

 

かっこいい。

 

今日はA先生の真似して、

 

定時きっかりに帰ってみた。

 

 

A先生が話しかけてくれてよかった。

 

私は私のために時間使おう。

 

学校から出たとき、

 

A先生も駅に向かって走って帰ってるとこだった。

 

A先生と同じことができて、嬉しかった。

 

明日も早くかえろう。

部活に参加してみた

今日は私も一緒に生徒とトレーニングしてみた。

 

外部コーチもいたので、

 

少し気が楽になっていたせいもある。

 

 

いつもは、部員たちと一緒に部活やるなんて、

 

絶対にいやだと思った。

 

でも、スポーツって一緒にやると楽しいな。

 

意外に。

 

 

中学校で私は運動部だったけど、

 

人間関係がつらくてやめた。

 

スポーツ好きで気が強くて

 

言いたいことを言いたいように言って

 

おとなしい子の悪口をズバズバ言う人たちが

 

嫌いだったから。

 

 

だから、運動部の人たちって 

 

我が強くてわがままで

 

主張が激しくて

 

嫌な人たちがおおいイメージ。

 

それにともなって、

 

スポーツそのものも嫌いになった。

 

サッカーも、駅伝も、オリンピックも。

 

 

 

でもきっと、スポーツって

 

やったら楽しいんだね。

 

安心してできる環境だったら、

 

きっとスポーツって楽しいんだね。 

 

 

 

まあ、来年主顧問やらないけど。。。

 

 

外部コーチは今年度いっぱいまでと言われていたので、

 

「来年も、いてくれませんか?」

 

ときいてみた。

 

 

そしたら、

 

「せかい工房さんが顧問でいてくれたら、

 

やりますよ。」

 

 

だって。ああーーー

 

そんなこと言われたら、

 

お人好しの私はまた苦しんでしまう。

 

しかも、今日体動かして

 

ちょっと楽しかったし。

 

 

 

とりあえず、

 

スポーツは意外に楽しいとわかってよかった。

 

 

頑張ってグループワークをした

授業では、ペアワークやグループワークを毎回入れる。

 

こういうアクティブラーニングは

 

最初のしつけが大変だし、

 

ぎゃあぎゃあ騒ぐし

 

隣とやるの嫌だ前の席の子とやりたいとか

 

グチグチ言うし、

 

うるさいから、指示も通らないし

 

頭も良くないから話合うテーマが理解できない。

 

10回目くらいまで机合わせるのに2分以上かかる。

 

ちょっとサッと話し合うなんてできない。

 

 

それを少しずつ形にして、

 

ようやく、今日はグループワークらしい

 

グループワークができた。

 

 

少しでも失敗したら、落ち込む私にしては、

 

本当によく頑張ってきたと思う。

 

ホリエモンが、

 

「たくさん素振りするよりも、

 

本番をこなすことが大事」と言ってた。

 

 

バッターボックスにたって、

 

とにかく私は本番をこなしたんだ。

 

数えてみたら、444回教壇に立っていた。

 

演技悪い数だなあ。

 

 

でも、400回以上、

 

バッターボックスに立ったんだ。

 

 

そう思うと、少し気分がよかった。

 

 

そして、去年より、

 

一昨年より、

 

私は授業がうまくなったと思うし

 

いや。うまくなったかどうかはわからないけど

 

死にそうなくらいの緊張感もだいぶ薄れたし

 

とにかく、ペアワークをこの一年 

 

やり続けたんだ。

 

真摯に授業をしてきたんだ。

 

 

それは、私にとってとてもとても大切なこと。

 

 

来週も少し授業はあるけど、

 

来週でおわり。

 

私、頑張ったなあ。

 

 

 

私だけ披露宴に呼ばれない

今日、職場のA先生と話していたら、

 

「これから、友達の式の余興で

 

歌うから、練習しなきゃ!!」

 

と言ってた。

 

 

 

そのあと、別のB先生と立ち話してたら

 

「C先生の披露宴の余興のため、

 

歌の練習しなきゃ!!!」

 

と言っていた。

 

 

あー、そうなんだー。

 

A 先生も、B先生も、C先生も

 

みんな、キラキラ先生だもんなあ。

 

 

A先生、私に気を使ってくれたんだろうな。

 

 

 

ちらちら立ち話を聞いていたら、

 

うちの学校のキラキラ先生たちは

 

大概披露宴に呼ばれているらしい。

 

 

 

今日は、部活の部員にものすごく

 

見下されたような態度をとられたこともあって、

 

自己肯定感がうまく保てない。

 

 

いつもそう。

 

 

職場の人の二次会とか、

 

呼ばれないもの。

 

キラキラしたところには、

 

いつだって入れない。

 

お情けで輪のなかに入れてもらえても

 

ぎこちない話しかできないから、

 

仲間外れにされても、

 

仲間に入れてもらっても、

 

結局辛い思いをするのは自分。

 

 

 

そういえば、学校ってそんな場所だったなあ。

 

 

 

決められたクラス、いきたくない行事、

 

自分が自分らしいくいられて、

 

ほっとする場所なんて、

 

学校では見つけにくい。

 

 

 

大人になっても、そうなんだなあ。

 

 

 

 

厄払いに行ってきた

私が適応障害になり、

 

事務手続きで学校に行けなければならないとき、

 

事務室まで付き添ってくれた友人がいる。

 

私の人生の節目でいつも助けてくれる人。

 

この間、その子と厄払いに行ってきた。

 

私は数えで33歳になるので、

 

本厄にあたるそうだ。

 

 

 

今年が本厄なんて、

 

もう恐ろしい予感しかない。

 

結婚うまくいかない、

 

来年も部活主顧問、

 

新学年の不良に精神的につかれる、

 

今チームで仕事してる嫌いな人とぶつかる。

 

もう予想できることが

 

リアルすぎて考えるだけでおののきそうだ。

 

 

 

厄払いに行ってなんとかなるもんなら

 

いくらでも、お金を払いたい気持ちだ。

 

 

友人と行った神社は小さな地元のところだったけど、

 

厄払いの受け付けには人がたくさんいて

 

赤ちゃんや子どももいた。

 

 

整理券をもらって、番号順に呼ばれたら

 

神主さんのところにみんなで座って、

 

神主さんに祝詞をあげてもらって、

 

それを頭を低くして聞く。

 

祝詞が終わったら、

 

巫女さんに頭に鈴をふってもらう。

 

 

 

私は神妙な顔してうつむいてたけど、

 

ぜんぜん「厄が出てった」気はしなくて、

 

少し落ち込む。

 

 

 

友人に思わず聞いてしまう。

 

私「厄払い、効くかなあ。」

 

友人「うん、厄出ていった気がする!!

 

だって見えたもん!ふわーって嫌なもんが出ていくの!

 

すっきりした気がする!」

 

 

厄なんて見えるわけないのだが、

 

能天気な友人は満足そうだ。

 

 

ああ、こういうところなんだろうなあ。

 

彼女が、いつも楽しそうに見えるのは。

 

いつも自信に溢れていて、

 

私はいつも彼女がうらやましい。

 

正直、見た目や学力では

 

負ける気はしなかったけど、

 

人生を楽しんでいるか、という点において

 

彼女は勝てる気がしない。

 

天性の何かがある。

 

 

ああ、こうやって大切な友人にたいして

 

一人マウンティングしてる自分も痛々しい。

 

 

 

厄払いして、厄が出ていったって、

 

思い込むしかない。