よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

来年はやめよう

今日、管理職に特別支援学校に異動したいと伝えた。

 

 

もしできなかったとしても、もう今の部活の顧問はやめようと思う。

 

 

私は女子のほうの部活だけど、男子の方の顧問の先生がとてもいい人で、部活指導大好きで、お願いしたらやってくれそうだし。

 

 

あと1年。

 

 

そう思うと、ふっと体が軽くなった。

 

 

風邪もひいて、喉も痛くてつらいけど、

でもあと1年で終わる。

 

 

この学校とも、あと1年。

 

 

もし転勤できなかったとしたら、どうするか。

 

もう辞めてしまおうか。

 

 

わからないけど、自分の中であと1年ととりあえず区切りをつけた。

 

 

うん。

 

 

気持ちいい。

 

 

今日も、授業の準備してたけど、なんだかいつものどんよりした気持ちじゃなくて、ニュートラルな気持ちで仕事できた。

 

 

 

村上春樹の『ノルウェイの森』の中で、精神を病んだ女の子が、自殺する前日とても晴れやかな顔をしていた、というエピソードが出てくる。

 

 

 

「もう自分の中で決めてたから、気持ちが楽になっていたんだろう」

と、その女の子と親しい人が説明する場面がある。

 

 

 

そんな気持ち。

 

 

 

決めたら楽になる。

 

 

 

もうしない。

 

 

来年はしない。

 

 

しない、しない、しない。

 

 

自分に言い聞かせる。

 

 

 

だって、私、この学校に来た時から、ずいぶん成長したもの。

 

 

授業が緊張の連続で毎日死にたかった日々を過ごして、

 

 

 

半年間休職して復帰して、

 

 

今は少なくとも数人の先生が一緒にご飯を食べに行ったりしてくれて、

 

 

頼れそうな先生に泣きながら相談したりして、

 

 

部活の主顧問もやって、

 

 

生徒にも本気で叱って、

 

 

試合の引率や競技の係の仕事もして、

 

 

時には嫌いな教員にもサバサバした対応して、嫌なこと言われても上手に無視して、

 

 

今日も線路に飛び込まずに生きてる。

 

 

 

 

管理職に、一般校でやれないのは私に課題があるからだと言われた。

 

 

たとえ私の中に課題があろうとも、

 

もうそれはわかっていることだし、

 

それを知っていながら私はよく頑張っているとおもうのだ。

 

 

休職から復帰して、本当によく頑張っていると思うのだ。

 

 

だから、私の中の課題は、もっと元気になって、また挑戦したいと思った時に解決するなり、乗り換えるなりさせてほしい。

 

 

 

私はもうエネルギー切れなんだ。

 

 

悪いけど。

 

 

管理職にわかってもらおうとは思わない。

 

 

 

どうせ、甘えたやつだ、

 

だから女は、とか、

 

 

なんかそんなこと考えてるんだろう。

 

 

 

いいよ別に。

 

 

誰かにバカにされたって、

 

私が壊れても管理職が助けてくれるわけじゃないから。

 

 

 

来年、やめる。

 

少なくとも顧問やめる。

 

異動する。

 

 

 

 

 

 

 

管理職に相談するも、冷たい対応

昨日、友達と仕事観について語り合った。

 

 

 

 

忙しく、がむしゃらに働くのも、

 

のんびりやるのも、

 

それぞれに向いてる働き方があると思う。

 

 

どんな働き方が尊敬されるか、とか、かっこよく見えるか、とかはあるけど、

 

自分に、もっと言えば、「今の」自分に合う働き方、仕事って、あると思うよ。

 

 

 

そうだな。

 

20代、はちきれそうに働いたもん。

 

がむしゃらに働くのは、とりあえずいいかな。

 

もう一回やったし。

 

30代は、じっくり腰を据えたいな。

 

 

 

そう思って、今は特別支援学校への異動を考えている。

 

少人数クラスで、1人ひとり個性も理解力もカリキュラムも違う。

 

噛まれたり、給食かけられたり、保護者もかなり支援が必要な家庭ということもある。

 

 

でも、部活はない。

 

1人ひとりに寄り添ってやろうと思えばいくらでもやれる。

 

 

特別支援学校に赴任した友人は、そう言っていた。

 

 

「一般校で人を型にはめて教育するよりも、時間がわりとあって、その子1人ひとりに何が必要かを考える学校のほうが、あなたに向いてるかもね。」

 

 

そうか。

 

支援学校か。

 

 

 

そして、今日、管理職に相談に行った。

 

 

私、異動したいです。

40人をまとめる力なんて、私にはないです。

できません。

支援学校に行きたいです。

 

 

 

「うーん、一般校無理とか、そうは見えないけどねえ。

 

悩んでるとしたら、あなた自身に課題があるんじゃないの?」

 

 

 

 

知ってるよ。

 

 

私自身に課題があることくらい。

 

 

うるさい。

 

 

私が体壊しても、誰も助けてくれないのだから。

 

 

私の生き方は私が決める。

 

 

 

早く人事面談になれ!!!!

進路をつぶすのは教師?そんなことないと思う

「教師に『お前なんか、ろくな会社に行けないぞ』って言われた。」

 

「教師は誰も自分の夢を応援してくれなかった。」

 

「正社員にしておけって言われて、夢を否定された。」

 

 

だから、学校の教師は子どもの夢を奪っている。

 

 

。。。。と、主張する人がいる。

 

 

 

うーーーーん。

 

 

そういうこと、生徒に言うってことはね、教師にもそれなりの理由があると思うよ。

 

 

 

だって、自分で希望した会社説明会に連絡なしでドタキャンして、

 

仲介に入った学校は「あなたの高校はもう来年から来なくていいよ」って言われて、

 

 

教員との約束もことごとく破って、自分の好きなことしたいって。。。

 

 

だったら退学したらいいのに。。。

 

 

そんな嫌な教師のいないところにいって、自由に自分の夢かなえたらいいのに。。。

 

 

そしたら中卒になっちゃって、採用されないって??

 

 

学歴で判断されない会社を探したらいいじゃないか。

 

 

学歴で判断する会社は、どのみち学校できみが言われて来たような、「時間守れ」とか「約束守れ」とか、当たり前のことを言うつまらない会社だよ?

 

 

 

きみたちは、もっと、金髪だけど外見で判断しない、とか、そういうフレキシブルな会社を探したらいいんじゃない?

 

 

 

そういう会社で、とても従業員のことを考えていて、自由で、やりがいのある会社はどんなところがあるのか私はわからないけど、少なくともハローワークで募集かけてる会社の面接は、ジーパンで行かないほうが無難だよって、私は思うけどね。

 

 

 

と、思った。

 

生き方の方向転換

昨日も部活があったが、他校の先生も来てくれて合同練習させてもらったため、

 

生徒たちもよそゆきの礼儀正しさで対応していて、非常に気分が良かった。

 

 

まあ、いつも同じ教員で同じ生徒の顔で、お互い煮詰まるよね。

 

 

どんどん他校にも連れてってやったほうが、かえって気が楽だということに気づいた。

 

 

来年も顧問してやってもいいかな、と一瞬思ったけど、やっぱりやめておこうと思う。

 

 

一昨年は病気で休んだ。

 

去年は1年やり通した。

 

今年は部活で生徒に正面衝突した。

 

 

私、頑張ってるじゃないか。

 

もうじゅうぶんじゃないか。

 

慣れてないことに、よく挑戦した3年間だったと思う。

 

 

来年からは、自分の気持ちのいいことのために生きてもいいんじゃないか。

 

 

この夏休み、部活の生徒くらいしか目にしてなかったため気づかなかったけど、

 

授業で腹の立つやつとか、副担のクラスで大嫌いな女生徒とか、

1学期中のイライラの元凶みたいな人間について

 

夏休み中は彼らのことを一回も考えたことなくて、今から思えば、何を自分はそんなにカリカリしてたのかな、と思うような対応を生徒にして来たように思う。

 

 

私、心に余裕のあるときとないときで、人間が豹変しているのだと思う。

 

 

二次関数の放物線みたいに、

ある一点を超えるとものすごい勢いで人当たりの悪さが急上昇していくんだと思う。

 

 

 

これは大きな発見だ。

 

 

心の余裕がないときに気持ちがざわざわして、人に八つ当たりして、自分も相手もボロボロにしていく。

 

 

 

だったら、心の余裕を確保できる人生にするべきた。

 

 

人生は、かつてはこういうことだと思ってた。

 

いろんな経験をして、強くなって、キャパがどんどん大きくなること。そうして成熟していくのが大人であること。

 

 

でも、今は少し違う。

 

 

キャパオーバーにならないように、キャパの中でできることを誠実にやる。

 

万が一溢れてしまったときのために、受け皿をたくさん探しておく。

 

キャパオーバーになりそうなタスクは、あくまでも自分がしたい、自発的にやりたいと思ったことや、楽しいと感じられるものだけに限るようにしておく。

 

 

それが、私の新しい生き方の指針になる気がする。

 

 

楽しいと感じられるぶんだけする。

 

 

どうしてもしんどい時、受け皿をあますことなく活用する。

 

 

まだまだバージョンアップしていかないといけないだろうけど、とりあえずはこれが私の生き方1.0ということにしておこう。

お母さんという言葉

姉が子どもを産んだ。

 

「ほーら、お母さんだよ」

 

と言っていた。

 

 

私にとって「お母さん」は私の母だけなので、姉が自分をお母さんと呼ぶことが少し嫌だった。

 

 

お母さんの称号は、お姉さん、あなたにはあげませんよ?みたいな。

 

 

出産して母になった姉に比べ、いつまでも子どもではいられないのに大人にもなれてない自分の未熟さを突きつけられるから嫌なのかもしれないな。

 

 

世間から、

 

「ほんとうは、おまえもお母さんになる世代なんだよ。

 

いつまでも、親に甘えてはいられないんだよ。

 

世代交代できてないのは、お前だけだよ。」

 

 

と突きつけられる。

そんなことを感じる。

 

呪いだ、呪い。

 

世間ってなんだ。

 

ネットのことか。

 

テレビのことか。

 

世間なんて、私をリアルで知らない人々ばかりなのに、何が怖いのだろう。

 

 

私よりも30年若い姉の子が大人になる頃には、

未婚、子なしでも、何にもやましいこともなく生きていける世の中になるといいな。

 

 

私のお母さんが、自分のことを「ばあば」と呼ぶのも悲しかった。

 

 

お母さんはばあばじゃないよ。

 

私のお母さんだよ。

 

勝手に高齢者ぶらないで。

 

 

 

この気持ちは、あんまり誰にも言えないので、言うとなんか泣きそうになるので言わないことにしている。

高校野球は怖い

炎天下の中、朝練、昼練、放課後練と、

毎日子どもたちを指導するコーチや先生は大変だろうな。

 

 

その配偶者や子どもは大変だろうな。

休みのない親やパートナーを持つって、何かを諦めないとできない。

 

 

 

強豪校の選手の兄弟も、比べられて大変だろうな。

 

 

コーチや監督の先生が、本来すべきだった業務をやんないといけなくなってる学校の先生も大変だろうな。

 

 

 

青春と言われる高校野球も、私にとったらいろんなしわ寄せの寄せ集めにしか見えないよ。

 

 

スポーツ好きな子が、楽しくスポーツできてるといいね。

 

 

誰も犠牲にすることなく、楽しくスポーツできるといいのにね。

 

今日の良かったこと

①午前で仕事終わらせて帰った

②部活は午後からあったけど、他の先生に任せて帰って、少しでも部活から離れることができてよかった

③晴れていてよかった

④午後から自分の時間を使えてよかった

⑤彼氏からラインがあってよかった

⑥職員室で怒られてた生徒がちょっと反省していてよかった

⑦膀胱炎がずっと悪化してるけど、まあ生きててよかった

⑧ぐっすり眠れてよかった

⑨朝涼しくてよかった

⑩よくないけどよかった