読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

〜できるとこまでで諦める〜よい子のやめ方レッスン4

よい子を続けて28年。

こんにちは。せかい工房です。


今日は急な出張が入り

家への持ち帰り仕事を作ってしまいました。


家で絶対仕事したくないと

固く心に誓ったのですが、

最近はどうも

職場の緊張状態が激しく

むしろ仕事にならないことも。


それだけ、緊張するんですよね。。。


何はともあれ、

家に持ち帰ってこりこりパソコンで作業してみたものの、

表やらパワポやら

あっちを直して

こっちを削って


もうどこまでやっても

終わりにたどり着けない。



よい子の特性として、

完璧を求めて努力する

という

とてもやっかいなものがありますから

やっぱり終わりが見えないんですよね。


正確な資料、

この文言の根拠、

こだわり始めると

とことんこだわってしまう。


悪いくせです。



最近は、

ストップウォッチとか

アラームを設定して


1時間以内で終わらせる、とか

自分でも工夫するようになりました。



以前テレビで

Facebook依存症の人が

1日10分まで、

とアラームをかけて

使用時間をコントロールしているのを

見たことがあります。



我々よい子は

完璧依存症です。


作ったものが、

自分の評価になるから。


完璧な仕事をしたい

イコール

完璧な自分を演出したい


になるんじゃないかな。


これって、職人気質とは

また違うと思うんですよね。


職人は

あくまで製品そのものにこだわる。


我々よい子は

自分の評価になるからこだわる。



そんな気がします。


だから、

今   という視点で見るならば


人は今できることしかできない。


今  達人にはなれない。

今 プロにはなれない。


だから、

できるところまでやる。


未熟であっても、

少し見栄えが悪くても


それでもいい。


それは、

完璧でない自分を受け入れる練習です。



というわけで、

今日のよい子のやめ方レッスン4は


できるとこまでで諦める。


でした。


こうやって、

自分そのまんま

ありのままを

少しずつ受け入れられると

プライドに振り回されたり

苦しんだりすることも

ちょっとは減るんじゃないかな??



さらばだよい子。また明日。