よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

〜今日のことだけ考える〜よい子のやめ方レッスン7

よい子を続けて28年。

こんにちは。せかい工房です。


気づけばレッスン7になりました。

いま書いて気づいたけど、

レッスン10でこう書けば

まとまり感出たのにな。


まあいいや。


今日は胃の病院に行ってきました。

先週、仕事中急に胃が痛み出して、

おっこれが大病ならば

年内に退職か?!

と邪な期待を抱いて病院に行った私。


やさしいやさしいお医者さんは

薬をくれて

内視鏡検査してみましょうと

言ってくれました。



今日がその日。

やさしくて丁寧に見てくださる、

とても素敵な若いお医者さんに

鼻からスボズボ

内視鏡のチューブをつっこまれ、

「ゲップは控えて下さいね〜」

とロマンのかけらもないやりとりをし、

優しい看護師さんに

背中をさすられ

検査は無事に終了。


モニターで自分の胃を見ましたが、

なかなか感慨深いですね。

喉も胃袋も

見えないとこで

ちゃんと働いてるんだなあ。

週休0日制、24時間勤務だもんなあ。



結果は


「うん、胃はとてもきれいです!」

がーん。

「この間痛かったのは、

やはりストレスでしょうね。

まあ誰にでもあることですよ。」


がーん。


「病気じゃなくてよかった。

また困ったことがあったら来て下さいね。」


。。。はい。


というわけで、

あんなに緊張して

あんなに泣いて

あんなに辛くて

胃も痛くて


でも体は元気でしたとさ。


本当に、

ストレスで胃潰瘍の人とかって

どれだけストレス溜まってるんだ。。。

と、

日本のサラリーマン、OLたちに

寄り添ってあげたい気持ちになりました。



さてさて、

今日は土曜日。

土曜日は好きです。

まだ日曜日があるって思えるから。


日曜日は

月曜日まであと○時間。。。

って計算しちゃうから嫌い。

こないだまでは、

土曜日も辛かったですね。

嫌いな日曜日が来るまであと○時間。。。

って考えるから。


こうやって書くと

本当に笑えるくらい

ばかばかしい

残念な思考回路ですね。



でも、

仕事がつらいよい子のみなさんは

そうじゃないですか?


どうしても

休日はだらだらしてしまう。

でも心の中のよい子が

時間は有限だよ!

充実した時間を過ごさなきゃ!

ってちくちく語りかけてくるわけです。



誰かに休日のできごとを

レポートに書いて出すわけでもないのに

なぜか

誰に見せても恥ずかしくない

充実した自分を

演じずにはいられない。


プライドの高いよい子は

本当に大変です。




話をもとに戻すと、

怖い月曜日にとらわれる日曜日と

そんな日曜日にとらわれる土曜日。


こんなことしてたら

心臓が持ちません。

これを書いてる間も、

月曜日のこと考えて

動悸が止まりません。。。



先週、母が言ってくれたこと。


1日1日

その日だけ考えて過ごしなさい。



明日、来週、来年、10年後。

就活の時は、

入社後やりたいこととか

自分の人生

10年単位くらいでデザインして

視野を広くしておけって

そう言われた気がする。



だけど、

今はそんなことしてたら

頭破裂しそう。


準備って、

よい子にとって大事なこと。


来週のスケジュール見て

今日すること考えて

計画立てて

こなしていく。



それも大切。



だけど私は、

今日1日乗り切るのが

精一杯な

そんな時期にあるんだろう。



だから



今日のことしか考えないことにしました。


とりあえず、

今日1日

生き延びる。



極端だけど、


今日1日

無事終わること。



欲張らず、

求めすぎず

何かできなくても

落ち込まない。


もちろん、

楽しいこともするけれど。



本当は、

いつか10年後のことも

考えられる日が来るといいなって

そう思う。



でも、

今の私には

一瞬一瞬ただ過ぎることに

身をまかせることが

自分を守ることだと思った。



だから、

土曜日は今日1日で完結。


日曜日とつなげない。


とか言って、

また持ち帰り仕事もあるのだけど。。。

まあいいや。

今日は土曜日のことしか考えない!




というわけで

よい子のやめ方レッスン7は 



今日のことだけ考える



でした。

ちょっとよい子には難しいですが。

でも、

いきなりできなくても

少しずつ練習していけばいいですね。

さらばだよい子。また明日。