よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

お休みのよい子

よい子を続けて28年。

こんにちは。せかい工房です。


昨日シャワーした後に

髪を拭いていた瞬間

ピキッとなぞの痛みが背中に広がり

一切動けなくなりました。

まあ歩くことはできるんですが、

一回寝転んだり

座ったりすると

そこから立ち上がったり

姿勢を変えるときに

ものすごい痛みが伴う。

寝返りがうてないほど痛くて

呼吸するだけで背中が痛い。

もうこれ出社どころか

カバン持つのもムリ。


そんなわけで、

今日は仕事お休みしました。



湿布がなかったので、

冷えピタ背中に貼るんですが

これがまた腕を動かすと痛いから

ベストなところに貼れない。 

しかももう買い置きがない!


そんなわけで、

コンビニまで頭を傾けたまま

すり足で並行移動して

もう一箱冷えピタ買ってきました。

苦悶の表情、だらしないパジャマ姿で

棚の商品を見る私。

でも背中が痛くて

しゃがんだりすることができないので

冷えピタがどこにあるか全然わからない。

もう店員さんに聞いちゃえっと思って

若いメガネの気弱そうなにいちゃんに

「あのう、冷えピタありますか。。。」

とたずねると、

すごく不審そうな顔して

商品のある棚まで案内してくれました。


不審者じゃないんだよー

そんな顔しないでー


と思いながら、

必死の思いで買い物をすませました。





もしかしたら

この背中痛がストレス性のもので

このまま痛みが引かなければ

退職できるかも。。。



なーんて邪な期待もなんのその、

ゆっくり寝てたらずいぶん

マシになっちゃいました。


これ、確実に

仕事にはいけるけど

すごいしんどい。

でも休むほどではない。



という一番つらいパターンですね。

はあ、やれやれ。


こんなこと考えてる時点で

もう消えてなくなりたい。

あー背中いてー。



ちょっと調べてみたら、

これ

ぎっくり背中っていうらしくて

ぎっくり腰の背中バージョンなんだそうで。


筋肉に急激にへんな刺激が入って

痛みがおこるんだそうですが。。。


これが怖いのは、

くしゃみだとか

なーんでもない日常動作でなるらしい。



だって私も

別にムリな姿勢なんてしてないし

重いものも持ってない。

ただシャワーして髪を拭いていただけ。


どの動作が原因なのやら、

まったくわかりません。



ふうー、

困ったな。。。

まあ昨日の夜よりはずいぶんマシになったので

このまま図書館にでも行こうかなーとたくらんでいます。


ふと思ったけど、

夜中に背中痛めたとき、

独身だと

背中に湿布貼ってくれる人がいない。


みなさんならどうします?

大学生なら

友だち呼びつけてお願いできるけど、

私はもともと友だちもそんな多くないし

近くに住んでる友だちも

結婚してるし、勤め人だし、

湿布一つで呼び出せない。



夜中にふと、

自分には

背中に湿布を貼ってと頼める友だちも

いないんだなあと

しみじみ感じました。


独居老人の気持ちがわかりました。



背中に湿布貼ってくれる

そんな道具があればいいのに。



あー背中いてー!

しゃっくりするだけで背中痛い。


明日も休むか。。。。?

と、悪い心が動き出します。



まあ、

体の痛みで仕事休んで

罪悪感がまったくないというのは

よい子を脱却しつつあるということでしょう。


そういうことにしとこう。


さらばだよい子。また明日!