読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

〜考えないで寝る〜よい子のやめ方レッスン12

よい子を続けて28年。

こんにちは。せかい工房です。


土日に実家に帰ったおかげで

すごく楽しくて興奮していました。

あと、

地元の友人がカフェ経営をしていて

素敵な生き方をしているように見えて

すごく羨ましかった。

もちろん、とてつもなく大変だとは

言ってましたが。。。

そんなこんなで

刺激的な実家生活を送り、

すっかり神経が高ぶっていたようで

布団に入って2時間たっても

全然眠れませんでした。



退職後、世界一周したい。

それも、少しずつ変わっていきそうです。

というのは、

地元に戻って生活してもいいなあ、

と思っちゃったから。

そしたら、

地元でゲストハウスをしてる人の

ブログを発見してしまい、

うーん、

ゲストハウスも経営もいいな。。。

でも物件の契約が複雑で大変だな。。。

といろいろ考えてしまいました。

新しい考えにテンションを上げ

未来に起こることに心配をし

眠るどころかどんどん目が冴えて

取らぬ狸の皮算用と杞憂を

1秒ごとに繰り返すようなことしてました。

ああ疲れた。。。



いつも、

よいアイディアも悪い妄想も

夜中にやりだすとダメって

わかってるんですよね。

全然寝れないし。

夜中のラブレターが

ひどい出来なのと同じように

夜中に描くライフデザインは

独りよがりと妄想のかたまりで

現実性がないものになってしまう。

でも、よい子をやめるって決めたなら、

それでいいんじゃない?

って思う自分もいて。

一方、新しい生き方を見つけたと思いきや

結局その道も

様々な困難に包まれていて

自分には分不相応なのかも、

私に残された生き方って、

これまでみたいに

よい子と我慢とごまかしを繰り返して

なあなあでやっていくしかないのかと、

どこまでも落ち込んでしまう。



昨日は、そんな上がり下がりの激しい夜でした。



そして今日、寝不足のまま出社。

そのとき、同僚の話し声が耳に入ったのだけど、

悩んでる同僚Aさんを

いつも明るい同僚Bさんが慰めていた。


Bさんいわく、

「私も暗く考える時期があってね、

でもね、

考えすぎると疲れるし

気持ちも落ち込むし

もう深夜にかんがえることをやめたの。


考えそうになったらね、

すぐに寝ることにしたの!」



そういって、

チャーミングなBさんは

あははと笑っていました。



これまでのレッスンで、


早く帰るとか

諦めるとか

1日予定は一個とか


いろんなことをレッスンとして

取り上げてきましたが、


要は


嫌いなことは

自分のキャパ以内で行う。


キャパを超えそうになったら、

その場で引き返す。

それ以上深めたり、追いかけたりしない。

キャパが超えたら、

思考停止、行動停止する。


そんなことだったのかなあと思います。


だから、

暗い考えに入り込みそうだなって

そんな予感がしたら、

その時点で寝る。



よく、

考えすぎないようにね、とか

もっと気楽にね、とか

そういうことを言われるのですが

そんなふうにすぐできるわけじゃない。



むしろ気楽だったら

そもそも考えすぎない。

自分で考える内容や深さを

コントロールできなくて

思考に振り回されているのが

我々よい子の特徴です。


きっと、

考えそうになったら寝る、

というのも、

実行するにはハードルが高い。



でも、なんとかして

実力行使してでも

思考停止をしなければならないし、

そうするクセをつけなければ。



ちょっとでも考え出したら

止まらなくなるから、

今日は考えそうだな。。。

って察知した時点で

すぐに寝るようにしたい。



というわけで、

レッスン12は


考えないで寝る



でした。

正確には、

考えそう、と察知したらすぐ寝る!


ですね。




今日も1日、今日だけ考えて

生活することができました。

個人的に、最近は

レッスン7の

今日のことだけ考える

は、なかなか板についてきたように思います。

感謝感謝。




さらばだよい子!また明日!