読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

期待に応えたいよい子

よい子を続けて28年。

こんにちは。せかい工房です。


私はこれまで、

いろいろなよい子の習性を紹介してきました。


そして、今日ほどこの特徴を意識した日はありません。


それは、

誰かの期待に応えようと、

自分を曲げてでも頑張ってしまうこと。


よい子の空気を読むするどさ、

相手に好かれたい気持ち、

相手を喜ばせたい気持ち、

相手に認めてもらいたい気持ちから、

相手の期待を過剰に読み取り、

過剰に応えようと頑張ってしまう。



今日は友人から、

悩み相談を受けました。


その人、

私よりもずーーーーっと

クヨクヨ考えちゃうタイプの人。


今日は彼女がだいぶ精神的に疲れていて、

もうぐったりしていました。


私が彼女にかけた言葉は、

「大丈夫?

しんどかったら仕事休んで

ゆっくり回復したらいいんだよ」。


彼女の答え。

「そうしたいけど、

そうしたら次に立ち上がれなくなる。

休んだら、ずっと休んでしまいそう。


そして、今の問題は

結局休んだところで解決しない。

自分が変わらなければ、

何も変えられない。」



確かに正論です。

彼女は、私がただ無責任に

「休んでいいよ」

と言ったことに、やや不満があるようでした。


実際、彼女は今すぐ仕事やめて

ゆっくり療養したほうがいいと

誰もが思うくらいの状況。


本来なら、

休んだって問題そのものは解決しないことぐらい、

私も100も承知です。

でも、そんなこと言って

彼女が傷ついたらやだなあ、

この人に好かれたいなあ、

という邪な気持ちから、

あえて優しいウソを言ったのです。



でも心の底では、

本当のことを言うべきか迷いました。

本当のことを言ったほうが

好かれるのかと読み取りしていたから。


でも私は、

あえて傷つけない方を口に出したのですが

結局それは

彼女を逆に傷つけたかもしれませんね。




そして、私は

「こいつ何もわかってないな」

って思われてしまっている。



私としては、

最初は真実を伝えようとしたわけです。

でも、裏の裏を読んで、

結局傷つけない方を選んだ。


過剰に読み取り、失敗しちゃいました。



この失敗も、

「相手を励ませなかった」


というがっかりではなく、


「うまいこと言って

相手を感心されられなかった」

「相手に    こいつカンが悪いな

って思われた」

という、

自分への評価を高められなかったことが

失敗だと感じているのです。


最低ですね。


でも、考えすぎると疲れるので

今日はこの辺で終わります。



さらばだよい子。また明日。