読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

〜すごいと思われたいのをやめる〜よい子のやめ方レッスン13

よい子を続けて28年。

こんにちは。せかい工房です。



最近、相談されることの多い私。

いやいや、私が相談したいくらいだよ!

という精神状態だったのが

同じような人を引きつけているようです。



似たような体験を持った者同士が集まると、

どちらがどれくらいすごいか

探り合いたくなりますよね。



例えば、

アニメグッズのコレクターだったら

相手が何を持っているかで

上下が決まるとか、


お笑い芸人だったら、

ひな壇で一つのコメントをめぐって

相手がどれくらい

鋭い切り返しができるか競ったり。



心がくたびれている者も、

お互い似たような経験をしているからこそ

相手の思っていることがわかるもの。



そして、私の場合だけなのかもしれませんが

そういうことで相談されると


なんかうまいこと言いたい


という欲求が出ます。


例えば、

相手が自分の思っていることを

なかなか言葉で伝えられないときに

的確に気持ちを表現したりとか

相手が目がさめるような

アドバイスをしたいだとか



何かしら


そう、そうなのよ!

とか

あーーーそういうことかあーー!!

とか

なんか相手をはっとさせたいんです。



この間も

こういうことについて書きましたが、

これって

同じような種類の人間に出会うと

すぐわかるんですよね。



ああ、こいつ

尊敬されたがりタイプのやつだって。
 


もう、

見つけた瞬間にいやーな気持ちになりますね。


自分より上だな、

とか

そういう相手のなかに自分をみて

あさましいなって

思ったりとか。



そう、

相手から尊敬されたいって

別に悪いことじゃないけど

私はそれが

発言のブレをうみ、

考えのブレをうみ、

相手の反応が全て

みたいになっちゃうんですよね。



でもこれって、

相談してきた相手に

本当に失礼だよなあって。

感心させたくて

私これだけわかってるのよ、

すごいでしょう?って

自分の自慢話をしているようなもの。


それって誠実じゃない。


そういうの、

やめようって思ったんですよ。


やめられるかわかんないけど。



尊敬されたいから

すごいって思われたいから

遠回りな自慢みたいなことするの。



相手がつらいって言ってきたら

大丈夫?って

どうしたの?って

うまいことアドバイスできなくても

誠実でさえいれば

それはそれで、

もういいんじゃないかなあって。


思考をシンプルに、

誰かの目線じゃなくて

自分の気持ちを感じるために。

相手のこと考えるときは

シンプルに

相手のことを考えるように。



固い頭を少しずつほぐしていこう。




さらばだよい子。また明日。