読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

グチのよい子

よい子を続けて28年。

こんにちは。せかい工房です。



今日は、初めて会社の人を誘って

歓送迎会とか忘年会以外の

プライベート飲み会をしました。

その人も、私と同じく

今年転勤組の人。



もうグチが出るわ出るわ。




やっぱり、転勤してきた者同士

感じることは似通ってて、

こんなに正直に自分の気持ちを

吐き出せたのは久しぶりでした。




相手もそれは同じだったようで、

ほっとしていたみたいです笑


ほんと、誘ってよかった。



とにかく共通しているのは、

やる気のない部下の扱いづらさについて。



やる気のない人にやる気を出させるって

本当にしんどい。

しかも自分は転勤組だし、

こちらでのルールは部下のほうが
詳しいし、

もうとにかくストレスがかかる。



で、やる気のない人に

なんとかやる気になってもらおうって

考えるとき、

人は本当に心労がたまるんですよね。


例えば


できないことを教えるのはまだいい。

相手がどれだけできなくても、

少しずつ丁寧に教えて

少しでも進歩すれば救われる。



でも、そもそものやる気がない人に

やる気を出させるって、

本当につらい。


やる気ないなら、

やめてもらっていいよ?

って言いたくなる。



そして、やる気を出させることに

こんなに労力使うなら、

自分がやりたいことを

やりたい人とやりたいなって。


少なくとも

相手が話しているときに

ケータイゲームをしないような、

話しかけたら

少なくともゲームから目を離して

こちらを見てくれるような、

ボールペンとか、物を貸したら

ちゃんとお礼を言って返してくれるような、

ゴミはゴミ箱に捨てられるような、

使った者は出しっ放しで帰らないような、

そんな人と仕事したい。


仕事ができない人と仕事するより

やるにない人と仕事する方が

こんなにもつらいんだなあって

なんかしみじみ感じました。



やれやれ。



でも、一人で抱えていたストレスを

おいしいお肉とワインとタコスで

発散できたことは本当にありがたかった。


よし、

もう来週からも

相手に期待せず、

必要最低のパワーで、

自分が丁寧にやれるところまで

誠実に、そして正直に仕事するぞ!


無駄に頑張りすぎないぞ!


今日は1日働いたので、

月曜日は休みです。

いえーい。



さらばだよい子!また明日!