読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

期待して、裏切られて、そしてほどほどに期待しないよい子

よい子を続けて28年。

こんにちは。せかい工房です。



今日は後輩の話。

いつも態度悪くてやる気もなさそうで

私がとっても苦手な後輩がいます。

なんだか今日はやけに素直。



今日は頑張ってるねーって

声をかけたら、

「はい、これから頑張りますよ!」

と一言。



彼の人生の中で、

きっと転機になる何かがあったんでしょう。

 仕事もできず、態度も悪く、

まわりからちょっと煙たがられていた彼。

何人かの人は



仕事はそんなやり方じゃだめだ

こうやるといいんだよ

しっかり元気出せ




と、

なだめてはすかし 

押しては引いてと

様々な努力をして

彼を改心させていたようなのです。

 

私はしていませんが笑




ここで重要なのは、


例え彼が改心したからといって

これからもずっとそうとは限らない、

ということですね。



だって、自分のことを思い浮かべても


奮起したり、

落ち込んで自暴自棄になったり、

本当にその時々によって

自分の決めた目標も守れない。



だから、

彼がこれからもずっとこうなんだ!


って間違っても思わないようにしよう。

人に期待するということは、

自分にとって理解できる部分だけを見て

勝手に「この人はこうだろう」

と未来の行動を決めつけていることになる。




だけど、

その人のことは誰にもわからない。



今日だけやる気になれたのかもしれないし 

明日になったら

またいつもの様子に戻るかもしれない。


いや、それより悪くなる可能性だってある。
 


そう思うと、

期待するとか、

それが裏切られるとか、

それって自分勝手な言い分ですよね。



だから、

私は期待しない。

裏切られた!なんて被害妄想。


そもそも、

人に期待してもしょうがないのだから。




ただし、

あの頑固な彼が

ここまで変わったことについては

ちょっと驚きでした。

私以外の人たちが

諦めずに彼を指導していたからか。


 そう思ったら、

他人に自分の期待通りの行動をさせるなんて

そんなの無理って思うけど、

思いが届くこともあるのね。。。

と、感じずにはいられませんでした。




問題は、

思いはいつその人に届くのか、

そして、

その人が変化するまでに

まわりの人がどれだけの労力を必要とし、

それは持続可能な量なのか、

ということ。




もしかしたら、

思いは届くかもしれません。


諦めずに、

相手と話し合い、

期待と失望を繰り返し、

それでもなお関わり続ける。

そしたら、

思いが届いて

お互い気持ちよく仕事ができるのかも。




そんなこと、

ちょっとやそっとじゃできませんよ。



できるのかもしれない、

でも、私には負担が大きすぎる。



というのが正直なところ。



彼を変えようと

頑張り続けた会社の方。

とりあえずは、

思いが届いたようです。

よかったね。


彼のやる気発言を聞くことで、

 そのおこぼれ?というか

その成果の端っこを

ちょっぴり味わうことができた日でした。

まあ、でも期待はしないけどね!笑

さらばだよい子、また明日。