読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

どうして仕事は長期で休むことができないの?

よい子を続けて28年。

こんにちは。せかい工房です。


友達と今日話し合っていたこと。

現在、私の友人はオーストラリアにいます。

その友人いわく、

「なんか先生やってる友達が

ちょっと仕事に疲れたから

半年休職して、

旅行とか行ったり、リフレッシュして

また半年後復帰するんだって。」


と。

病休じゃないですよ?

もちろん、有休じゃないだろうけど、

リフレッシュのための

長期休職です。




日本だったら、

考えられないキャリアプラン



一週間まとまった休暇すら

とりにくいですよね?



友人に、

「なにそれ

日本じゃ絶対にむり!!!」


って言ってハタと気がついた。



日本じゃ無理だけど、

真似したい働き方はどっち?


仕事で煮詰まったら

リフレッシュが許された働き方か、

まわりに根回しと気遣いをしまくって

一週間の休暇をとる働き方か。



断然、前者でしょ?



そして、

これって休暇がとりにくいとか

とりやすいとか、

そういう問題じゃなくて、



そもそも

人生の中で

ゆっくり休んでモノを考えることが

できないのが問題じゃない?




って思ったわけです。



仕事って

一旦始めたら

止まれないレースなわけ?



立ち止まって、

考えて、

休んで、

方向転換して、

生きていく。



どうして

キャリアは真上にしか

積み上げられないの?


同じ職種、

同じ会社、

同じ場所。


どうして、横に広がっちゃだめなの?


どうして、途中で立ち止まっちゃだめなの?


なんで、長期で休んだら嫌がられるの?

なんで、長期で休んでたことが

次の会社で嫌がられるの??



不思議すぎる。

私が言いたいことは、

オーストラリアは

休暇とりやすくていいとか

日本はとりにくいとか

「休暇のとりやすさ」

が問題なのではなくて、

「一度働いたら

少しでも休んだり、

不調になったり

立ち止まると、

減点されるという仕事観」

なんですよ。



だって、私たち、

いろいろなこと考えながら

年をとったり、

ライフスタイルが変わったりして、

仕事だけが同じで、

休むことが許されない、

少なくとも、

よいと思われないって

それ、間違ってませんか。



3年で離職する若者がどうとか

10年で一人前とか

その道だけでやっていくことが

美徳とされるのは、

やっぱりおかしいと思う。

寄り道したり、休んだり

そういうことも大事。

いや、大事っていうか

普通でしょ?


日中活動したら、夜寝るのと同じ。


本当に、日本の仕事観というやつは

知らない間に自分の脳みその

シワのシワのシワのすみずみに

水のようにびっちり浸透してるんだなあって

ちょっと不安になりました。



明日仕事に行きたくなさ過ぎて、

やや思考が過激になりました。

うおー早く辞めたい!!

絶対に、

辞めるときは

自分にしっくりくる仕事観を

ちゃんと言語化させるぞ!

さらばだよい子!また明日!