読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

〜自分が楽しむことを恐れない〜よい子のやめ方レッスン18

よい子を続けて28年。

こんにちは。せかい工房です。


私たちよい子には、

悪い思考回路のクセがあります。

それは、


「苦しいことを乗り越えて

人は成長する」という神話。




これ、まあ間違ってはないんですよね。

自分の限界に向き合って、

人はそれを超えることができる。


ただし、我々よい子の考え方を

もっと正確に表すと


「苦しいことを乗り越える

という経験でしか

人は成長できない。」


この二つの違い、わかりますか。


つまり、我々よい子は


「楽しいことばかりでは

成長できない。

自分を向上させるためには

苦しみを求めなければならない。

成長したければ、

もっともっと

苦しみを求めなければ!」


という思考回路なのです。


それ、

全くの間違いではないんだけど、

どうでもいいところで

やたらストイックになっちゃう危険性を

孕んでいる思考回路なのです。


例えば、

普通にスタスタ歩けばいい道を

「筋力トレーニング!」

と言いながらでかい石を担いで歩いている、

みたいな。


いやいや、

筋力トレーニングするなら

ジムとかでやった方が

必要な筋肉つくし、

そもそも今筋力トレーニングいるの???


というような、

とりあえず苦しんでおきゃー

成長する!!


という

無意味なストイック野郎

になってしまう可能性が高い。


我々よい子は、

常にこれを警戒しなければいけません。



真面目な人ほど、

期待に応えようとする人ほど、

この傾向があるように思う。



私も

まだまだこの考え方に支配されています。

楽しむこと=怠けること

であり、

楽しむこと=成長を停滞させること

であり、

楽しむこと=自分の能力が後戻りすること

である。


だから、

楽しむのが怖い。

スポーツマンが

1日トレーニングをサボると

もとの体を取り戻すのに

一週間かかるように、


自分も土日を楽しむと

それだけ仕事モードに戻るのに

時間がかかる。

だから、

サボってはいけないのだ。




よい子の皆さんはどうですか。

同じ考え方してますか。


こうやって、

客観的に分析している私でも、

まだまだこの考え方から

抜け切ることはできません。


だから、

なんどもブログで書いて

同じことでも

言葉を変えて、

何度も何度でも

自分に言い聞かせているのです。


楽しむことって、

怖くないよ、って。


そもそも、

楽しむことが自分の後退につながるという

その思考回路が間違いなんだよ、

そんなに、

ストイックにならなくていいんだよ、

今まで大変だったね、

でも、これからは

思い切り楽しみなさい。

今それができない環境なら、

そうできる環境に変えなさい。



自分で、自分に言い聞かせている。


というわけで、

よい子のやめ方レッスン18は

〜自分が楽しむことを恐れない〜


でした!


さらばだよい子。また明日!