読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

心療内科の診察 3回目

よい子を続けて29年。

こんにちは。せかい工房です。


今日は薬が切れたので

診察に行ってきました。

曜日ごとで先生が変わるのですが、

だいぶ自分の調子も良くなってきたので

もうどの先生でもいいや〜

って気分で

誰が来るか確認もせず

病院に行ってきました。



毎回問診票みたいなものに

先生に話したいことを書くんですけど

今日は

「前回と比べて気分がいい

薬を減らすか相談したい」


の二点を書いてスタンバイ。



名前を呼ばれて

診察室に入ると、

やっぱりいつもと違う先生笑。

おじいちゃん先生でした。



「気分がいいです。

でも退職するかどうか

まだ決めない方がいいと言われたので

もう少しゆっくり休みたいです。」


と伝えると、


「うんうん、それがいいね。

薬が合ってるんですね。

同じの出しときますね。」



診察は5分ですんだ。

最後に先生は


「ところで、そのマフラー

かわいいですね。」


ピンクのチェックのマフラー

ほめられた笑。

おちゃめなおじいちゃん先生と

楽しく会話してきました。




さてさて、

今のこの幸福感は

果たして薬の効果なのか。

それとも

休んで気持ちが落ち着いたのか。

なぞです。   


さらばだよい子。また明日。