よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

病休でわかったこと その3

よい子を続けて29年。

こんにちは。せかい工房です。

病休中の高校教員です。

実家に帰省してます。


仕事していたときは、

一人暮らしでした。

6:00起床

6:30電車

8:00出勤

22:00退勤

23:30帰宅 、教材準備

24:30就寝


みたいな生活してました。

私はもともと

1日10時間寝たいタイプなので

これが一週間続くと

本当にきつかったです。

民間の人は、

結構こういう生活してるみたいで、

本当によくみんな

生きてるよなあ。。。。と

呆然とします。



現在の生活といえば


7:00起床 朝ごはん

8:00コーヒータイム

9:00昼寝その1

12:00昼ごはん

15:00昼寝その2

18:00夕ごはん

20:00昼寝その3

22:00就寝


て感じです。


もう、

これでもかーーー!!!!

というくらい寝てる。


でもね、

一番変わったことは

寝る時間ではなくて


「人と話す時間があること」


家族と、

思い出話や

変なCMのことや

明日の予定や

店で見たおもしろいお客さんや

スーパーで貯めたポイントや




そんな、

そんな小さな小さな小さな話を

毎日家族としています。



父と同じこたつに

足を突っ込んでうつぶせに寝転んで

それぞれ本を読みながら

ごろごろします。



小さな小さなことを

話すこと。

話さなくても、

誰かとそばにいること。



これがこんなに

心が休まるって知らなかった。



私は1人でいたいタイプだと

ずっと思ってたけど、

そうじゃなかったんだなあ。



早く結婚したくなりました。



さらばだよい子。また明日。