よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

どきどき。病休中に同僚から連絡がくる。

よい子を続けて29年。

こんにちは。せかい工房です。


高校教員ですが、

適応障害で病休をとり

実家に帰省しています。



先生仲間から、

最近ちらほら連絡がきます。


みんな、超心配してくれます。

「大丈夫?

実家でゆっくり休んできてね。

また会えるのを楽しみにしています。」

と。



教員という仕事を、

向いてないかな。。。

と思いつつも

それなりに充実して過ごしてきた自分。

一緒に勉強会したりしてきた

他校の先生たちは、

私のモチベーションを上げる

拠り所でもありました。

しかし、

自分に教員が向いているのか

どんどん自信がなくなっている。。。

というより、

「よい子」の道を踏み外して

放浪なんかしてみたい、

と思ってる自分にとって、

彼らの

「また戻ってきてね」

というメッセージは

胸がちくりと痛みます。



一緒にグチを言ったり

一緒に勉強したり

他府県の研究会に

みんなで女子会みたいに

泊まり込みで参加したり

今から思えば、

楽しかったなあって。


彼らの期待に添えないのは

とってもさみしいことだし、

また会いたいとも思う。


だけど、

だけど、

教室に立つときは1人。

仲間はいるけど、

授業準備も

プロジェクターのセッティングも

生徒の成績つけるのも

1人。

最後

生徒と向き合うときは

1人だという覚悟が

まだできない。




心配してくれるみんなありがとう。

もう少しだけ、

何も考えずに

実家でのんびりしようと思います。



あんまりにも

昼寝をしすぎるので、

「たまには散歩して

本格的な引きこもりから

脱出しないとね!」

と言ったら、

母が笑ってました。



。。。おかあさん、

本格的な引きこもりになっても

味方でいてくれるよね。。。




さらばだよい子。また明日。