よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

部活を断るよい子

よい子を続けて29年。

こんにちは。せかい工房です。

高校教員ですが、適応障害のため

半年休職し、4月から復帰しました。





出勤2日目。

授業はまだ始まらないので、

心は余裕であります。



ファイルや書類の整理なんかをしてたら

部活担当の先生から

ブッ込まれました。



先生「せかい工房さん、体の方は

もう大丈夫そう?」


私「(心配されてるのかな。。。。?)

あ、おやすみたくさんいただいたので、大丈夫です。」


先生「そうかあ、あのね、

実は陸上部の顧問がいなくてさ。

副顧問はいるから、

主顧問としてお願いしたいんだけど。」




。。。。


おお。。。。。


主顧問か。。。。。





実は、うちの陸上部は

部員同士が超仲が悪くて

有名な部活である。




去年も私はそこの副顧問だったのだけど

主顧問の先生が

部活の空気の悪さに耐えかねて

別の部活へうつってしまったらしい。




。。。。



どうしたらいいのかな。。。




わかってる。


「すみません、できません」

って、素直に言えばいい。




でも、さっきは「大丈夫です」って   

言っちゃったし、

いろいろみんなが気遣ってくれて

負担も減らしてくれているのに

自分だけ何も身を削っていない。




誰だってやりたくない仕事はあって

みんながそれを1つずつ受け取ってる。




私は、

授業も減らしてもらって

担任も外してもらって

あわよくば部活からも

逃げようとしている。




こんな、役立たずでいいのかな。。。




その先生は、

「1日ゆっくり考えてね」

と言った。





家に帰ってから、いろいろ考えた。


私以外の陸上部の顧問の先生は

学年でも責任の重い仕事をやってる

超忙しい人たちばかり。



主顧問をやれるのは

実質私しかいないのだ。



よい子の私が、

「わかりました、がんばります」

と言おうとしている。

お世話になった先生に

報いたい気持ちもある。

半年休んでたけど、

まだまだやれるんだよって

役立たずじゃないよって

証明したい気持ちがある。




でも、心はどうしたって

土日休みで

のんびりしたいって思ってる。

自分には、

あんなに人間関係が

ぐっちゃぐちゃな部活を

指導してひっぱってくなんて

どう考えても無理って思う。




運動部は、

体育の先生がやってほしいのにな。。。




よい子の私がいろいろ話しかける。



新しいこと、チャレンジしてみたら?

意外とやってみたら

できるかもしれないよ?

ここでがんばったら、

みんなに

私は役立たずじゃないって、

戦力になる教員だって、

証明できるんだから。





考えても答えが出ないので、

お母さんにメールしてみた。



今日は出勤2日目だったけど、

なんとか元気にやってるよって。





お母さんからの返事。





 
「ゆっくりやるように

いつも自分に言い聞かせてね」







このメールで、決めた。


主顧問は断る。


その代わり、

来年になったら、

みんなの分までがんばるって。

   


今年はまだまだ

自分をコントロールするための

助走の1年にしたい。



とりあえず、

1年勤め切ることを

何よりも優先したい。



プライドの高いよい子をやめる、

そんな1年にしたい。





だから、主顧問は断ろう。





ごめんなさい。

私以外に人がいないのはよくわかる。

ただし、

今年どれくらいの力加減で

働けばいいのか

自分でもまだわからない。

今年でペースがつかめたら、

来年は部活にも力を入れていきたい。





私はいっこずつしか

前に進めないから、

1年待っていてほしい。






こう言おうって、決めた。





まわりに、たくさん助けてもらって、

たくさんお礼を言えばいい。


できる女に見られたいのは山々だけど

それももうやめた。

私はのんびりしか進めないから、

私のペースで成長していくしかない。

よーーーーし!!!

明日は部活は断るぞー!!!!


さらばだよい子。また明日。