よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

部活に向き合うよい子

よい子を続けて29年。

こんばんは。せかい工房です。

高校教員ですが、適応障害により

半年休職し、4月から復帰しました。




今日は、

部活に喝を入れるミーティングをした。




超絶仲の悪い部員たちに、

このままの空気では、

部活はやっていけない。

もっとしっかり、

礼儀とか、あいさつを

しっかりしていこう。

だらだら練習するのもやめて、

部活らしい部活をしよう。




と、

顧問全員と2、3年生で

円陣になって話をした。




最初はどんな反発がくるだろうと

すごく不安で胃が痛かった。



しかも、私にとっては

専門外の陸上競技

生徒を叱っても、


「あいつ何もわかってないくせに」


と言われてしまえば、

そこで信頼関係は切れるのだ。




そんな苦しい立場の私の武器は、

たった1つだけ。




誠意を生徒に見せること。




言い換えれば、

真剣に部活をみる、

ということだ。



真剣に応援し、

悩みを聞き、

練習に付き合う。




叱るのも下手で、

指導するべき技術も持たない私には

誠意を見せることで

「この先生が

自分たちを応援してくれてるんだ。

その気持ちに応えたい」

と思ってもらえるようにすること。





これまで、

愛想笑いで逃げてきた。

生徒を叱れなくて、

顧問も逃げ出したくて、

お茶を濁して、

とりあえず1年が過ぎればいいと思った。




私は副顧問だけど、

主顧問は今年転勤してきた

講師の教員だ。



その人に、

全てをなすりつけて

知らんぷりすることは

どうしてもできなかった。



でも1人では、

あの部活に顔を出すのはしんどい。



だから、

主顧問も副顧問も

総勢5人で

部活を見守っていくと

今日生徒に約束したのだった。





何人かの子達は、

うんうん、とうなずいていた。



こっちが腹を割って話をすれば

響いてくれる相手がいたことで、

私の気持ちはだいぶラクになった。




向き合ってよかった。

逃げなくてよかった。

1人で向き合わなくてよかった。

顧問みんなを

巻き込めてよかった。




今日とても痛感したことは、

1人でできないことでも、

複数ならできるということ。



1人で抱え込まないで

まわりに頼ること。

誰かと一緒にやること。




今年一年の

大切な目標にしよう。




そんなわけで、

やっぱりよい子に

全力投球してしまった1週間でした。




明日は

校則違反をやらかした生徒の

家庭訪問です。



はあーー!!!!!!



さよならよい子。

また明日。