よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

完璧主義のよい子

よい子を続けて29年。

こんにちは。せかい工房です。

高校教員ですが、適応障害により

半年休職し、4月から復帰しました。



土、日と、2日とも朝から夕方まで

学校に出向いた週末でした。。。



本当ならば、

せめてどちらか1日は

学校に行かずに

なんとかなっていたはずなんですが、

ちんたらちんたら

授業準備していたら、こんな時間に。



それもこれも、

納得いく授業にしたいから。



そう言うとえらい人みたいですが、

言い換えれば


プリントや板書のやり方の

細かいところにこだわりすぎて

完璧を求めすぎて

体調と授業のクオリティの

バランスをとれずにいる

効率の悪い人間ということです。



この項目、単元はすてる、とか

これば大事だ、とか

ぱっぱと決めればいいんですが、

うだうだうだうだ悩んでるだけで

ポイントをしぼって

論理的に考えられてないのだと思う。




昔、同期で採用された同僚が

「おれは迷うことはあっても

悩むことはない。

悩むのなんて、時間の無駄。」


と言っていたのを思い出す。



そんな要領のよい彼は、

講師のときからすでに

管理職に目をかけてもらうくらい

授業の評判がよかったらしい。



まあ、

彼のようにうまくはいかなくても、

自分の体調を考慮して

どこかで諦めないといけないのですが

納得いくまで

授業をこねくりまわして、

前日のギリギリにできあがる、

そんなことが多いです。




手を抜けない。

細かいところにこだわってしまう。




このままじゃあ、

また6月ごろには

体調をくずしてしまう。


でも、どうしたらいいのか

まだわからない。


諦めどころ、

線の引きどころがわからない。



小学校の先生なんて、

全教科、毎日5〜6コマ授業してて、

本当に授業準備よくできるよなあと

頭が下がる思いです。




そんなわけで、

やっと今から

私の週末が始まります。



私が大好きな

エスニック料理屋さんに行って、

2500円のぜいたくコースを食べる。

そして、スーパー銭湯にいく。




私の日曜日を、

少しでも満喫しよう。



さよならよい子。また明日。