読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

たまにはポジティブに

よい子を続けて29年。

こんにちは。せかい工房です。

高校教員ですが、適応障害

半年休職し、4月から復帰しました。



やーーーっと今週が終わりました。

しかし、意外にも

嵐のようにあっという間の

七日間でした。



これまでは、

1週間生き延びるのことに

全力を使っていたような気がしますが

授業の計算を間違えて

授業作りがやたら早くに終わったおかげで

余裕のある日々を過ごしました。



しかも、

お昼休憩にお昼ごはんを

食べることができたのです。

これ重要。



今まで

日中は緊張がひどくて

終礼が終わってからでないと、

昼ごはんが食べられませんでした。

授業が午前で終わる日は、

気が楽なので比較的お昼ごはんを

お昼休憩のときに食べられるのですが

5.6限がある日は

もう絶対無理でした。



胃は痛いし、

食べたらお腹を壊して

すぐトイレに行きたくなるし。




しかし今週は、

昼ごはんを食べられる日が

ぽつぽつ出てきたので

学校に慣れてきたのかなあと

嬉しく思っています。




あと、本当に嬉しいのは

金曜6時間目の授業が

とっても反応のいいクラスだったこと!



1週間の終わりに、

とても気持ちよく

授業ができるクラスです。



よかったよかった。



最近、

仕事が楽しいです。


充実している気がします。


何より、

失敗しても

「まあいいや」

と思えることが格段に増えました。



今日も同僚のおじいちゃん先生から、

「毎日全力はいけませんよ、

80%でいいんですよ!」

と言われました。



ありがたいことです。




以前の記事に書いていた、

「空気の読めない人を

受け入れられない

余裕のない社会こそが問題だ」

という

自分の言葉を思い出して、

同僚にキツくあたりそうになった自分に

「おちつけおちつけ」

とブレーキをかけています。


 
こうしていれば、

いつか細かいことにこだわらず  

広い心でものごとを

受け止められる、

受け流すことが

できるようになるのでしょうか。



とりあえず、今週はいい1週間だった!