読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

いいわけ

こんにちは。せかい工房です。

 

 

私が仕事をしているチームの中に、

 

いいわけ先生がいます。

 

 

毎日いいわけしてます。

 

 

今日は保護者との進路懇談で、

 

その先生と私と保護者で懇談しました。

 

 

 

保護者から、

 

もっと進路について詳しく説明してほしい、

 

この専門学校はどんな学校なのか、

 

進路の流れはどうなっているのか、

 

就職するとしたら、

 

スケジュールはどうなっているのか、

 

いろんな質問が来ました。

 

 

 

いいわけ先生は、

 

「いやー、4月にも説明したんですけどね、」

 

「こちらでは何とも言えないところもありまして」

 

「この学校の名前は聞いたことあります。」

 

 

と、とんちんかんな受け答えをしていた。

 

 

後で自分が責められないように、

 

かといって正直にわかりませんと

 

言うのも分が悪いので、

 

本当かうそかよくわからないことを

 

ごちゃごちゃ並べ立てて、

 

あくまで判断は保護者、本人が

 

して下さいね、と

 

責任逃れをするのも忘れない。

 

 

 

会議でも、

 

懇談でも、

 

生徒に対しても、

 

万事がこんな感じなので

 

本当に一緒に仕事するのが疲れる。

 

 

 

いいわけ先生に

 

提出してもらいたい書類が

 

期限を過ぎても出てこなくて、

 

いつまでに書類が完成するのか

 

それをはっきりさせたくて

 

「あれいつできるんですか?」

 

と尋ねると、

 

書類作成に取りかかれない理由を

 

「忙しくて」「出張が続いて」

 

などとごにゃごにゃ並べ立てる。

 

 

いやいや、

 

別に理由は聞いてないから。

 

ただでさえ遅れてるんだから、

 

いつならできるか一言でスパッと答えてよ。

 

 

すみません、今週中には、

 

とか

 

すみません、明日の17:00までには、

 

とかさ。。。。

 

 

できない理由を並べ立てられたところで、

 

そうですか、大変でしたね、

 

それじゃあ書類も出来ませんよね   

 

 

なんて思わないし。。。。

 

 

 

 

いいわけ先生のいいわけをそばで見て、

 

保護者からもクレームが来ているのを聞くと、

 

ああはなるまいと思う。

 

 

悪い時は、

 

いいわけせずに

 

しっかり謝ろうと心に誓ったのでした。