読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

集まれば、昔の話ばかり。今の話をしたい。

こんにちは。せかい工房です。

 

先週末、久しぶりに大学の友人と集まりました。

 

気のおけない、個性豊かで心優しい友人たち。

 

私は彼らのことが大好きで、

 

つらいときに彼らに会うと

 

まるで昔に戻ったようで思い出話に花が咲きます。

 

 

そう、思い出話。

 

 

あのとき、部活はこんなんだったね。

 

大学入試はこんなんだったね。

 

高校生のとき、学校なんて好きじゃなかった。

 

でも、大学でみんなに会えて

 

すごく幸せだった。大学生活、楽しかった。

 

ああ、月曜日から仕事だね。

 

ずっとこうやって話していたいね。

 

 

 

 

 

こんなことを、一日中しゃべってた。

 

 

 

いやいや、待って待って。

 

私たち、卒業して何年経つの?

 

もう29だよ?

 

集まれば、口をついて出てくる

 

「楽しかった過去」の話と

 

「いやいや仕事して生きてる今」。

 

 

 

私たちは、いつも今の話をしない。

 

 

なぜなら、「今」は辛いことばかりだから。

 

 

大学の話はきゃっきゃと盛り上がるのに、

 

仕事の話は誰もしなかった。

 

 

 

これっておかしいよね。

 

私は、今が楽しくてしょうがないって言いたい。

 

思い出を甘く練り上げて美化して

 

大事に大事に

 

飴をしゃぶるみたいにして

 

楽しかった過去を味わう。

 

 

 

それはそれで、楽しいこと。

 

 

でも、私は今の話がしたい。

 

 

 

今、こんなことしてるんだ。

 

楽しいんだ。

 

みんな、卒業してからどんな人生なの?

 

 

 

 

そんな話がしたい。

 

 

 

大好きな友人たちだけど、

 

ふと月曜日からの仕事の話が出て

 

しん、と静まり返ったとき、

 

ああこれじゃダメだ

 

と思った。

 

 

 

 これじゃダメだ。

 

今のままじゃダメだ。

 

 

 

いつまでもいつまでも

 

ハタチの思い出にとらわれて

 

前に進めない。

 

私は楽しい思い出を作るんじゃなくて、

 

今を思い切り楽しみたいんだ。

 

 

 

 

お願い、

 

どうか私によい子をやめる勇気を下さい。