読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

生徒と仲直り。良くも悪くも、忘れやすい子ども

今日のよい子

こんにちは。せかい工房です。

 

私が副担任をしているクラスで、4月当初から嫌いだった女子生徒と、今日半年ぶりに話しました。

 

 

 

4月に彼女の私語を注意して、

「さわんな。まじだるい」

と言われてから、徹底的にその子を避けて来ました。

 

 

ほんと、復職直後から暗澹たる気持ちになったのですが、彼女の性格の悪さとうるささでクラスでも干されているのか、

あんなにやかましかった彼女が最近は私語もなく、ぼーっといしてます。

 

 

本当に、不愉快な人物はボケーと夢うつつくらいがちょうどいいです。

 

 

 

派手ないでたちで、声もでかく、遅刻ばかりしていて、成績も悪い。

ヤンキーの卵みたいな女生徒でした。

 

 

私はヤンキーみたいな生徒が1番嫌いです。

 

騒ぐだけ騒いで、クラスに迷惑かけて、教員のストレスを増やして、授業妨害する。

 

 

それなら学校をサボって、家で寝ていたらいいのに。

さっさと退学すればいいのに。

といつも思っています。

 

ヤンキーは大嫌いです。

 

 

クラスで担任の先生の代わりをすることがあっても、極力彼女に関わらないように避けて来ました。

 

 

 

今日は彼女がいる班が掃除当番の日で、私が掃除の様子を見なければいけません。

 

朝から胸がムカムカして、掃除の時間が早く終わるようにと祈っていました。

 

同じ班のメンバーはみんな来ているのに、彼女だけ遅れている。

なぜ、こういう生徒はわざと?叱られるようなことばかりするのだろう。

お互い嫌な気持ちになるだけなのに。

 

 

そう思ってやきもきしていたら、彼女が現れました。

 

 

 

「先生、委員会で遅れました」

 

 

そう報告すると、ほうきでゴミを片付けて素直に掃除をしました。

 

 

 

 

なんだか拍子抜けしてしまいましたが、とりあえず半年に及ぶ冷戦が終わり、

私と彼女は4月から数えて2回目の会話をしたのでした。

 

 

 

おかげさまで、今日は随分気持ちがラクです。

 

なあんだ。ずっと避けて来たけど、向こうはもう忘れてたんだ。

というか、何もしていなかったんだ。

 

なあんだ。

 

 

これからも積極的にしゃべりかけることはまずしませんが、毎日クラスの朝礼、終礼で顔を合わせる時にストレスを感じることはなくなりそうです。

 

 

 

よかった。