読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

愛される人、敬遠される人

先生の資質 今日のよい子

こんにちは。せかい工房です。

 

明日から、初任者の教員の研究授業が始まります。

 

今回私の学校に赴任した先生の中で、ぽっちゃりした男のF先生がいます。

 

彼は、その外見、お人好しで天真爛漫な性格もあって、生徒から人気なのはもちろん

教員の間でも、とてもかわいがられています。

 

 

例えば彼が会議でうっかりうたた寝していると、先輩教員から、「おい、Fちゃん、寝たらだめじゃないか!」と、いじられながら起こされます。

 

F先生はびっくりして「すみませんっ!」とあやまるのですが、またその実直な様子が何ともおかしくて、みんなからかわいがられるのです。

 

 

私にはいつもアタリのきつい先生が、彼をからかって笑っているのを見ると、つくづく思います。

 

 

彼は愛される側の人間で、私は敬遠される側の人間だなあ、と。

 

 

一言でいうと、私はいじりにくいキャラなのでしょう。

 

 

私が会議中にうたた寝をしていると、きっとみんなは気まずい顔をして気づかないふりをするでしょう。

 

その後、「あの人寝てたね。。。」と噂されるのだと思います。

 

 

被害妄想かもしれませんが、昨年休職していたぶん、私が疲れた顔をしたり、うっかり仕事をやり忘れたりすると、

まあ、この人メンタル弱いし、あんまり言って休まれると困るしな。。。。と、どこか腫れ物に触るような空気を感じます。

 

まあ、しょうがないのですけれど。

 

 

愛される人は、困っているとき、落ち込んでいる時も、周りが笑顔で「おいおい、どうしたんだ」と声をかけられている。

 

 

敬遠される人は、つらそうな顔をしていると「あんまり声かけない方がいいかな?」と、どんどん人が離れて行く。

 

 

自分がこれまで敬遠されてきたからこそ、愛されるタイプの人間は見るとすぐわかる。

 

天真爛漫で、愛想がよくて、裏表がなくて、生まれながらに人に心を開ける人だ。

卑屈になりすぎることもなく、かといって聖人君子というタイプではなくて、人間臭いところもある。

 

いままでに、そんな人に何人か出会ってきた。

 

 

私はそういう人たちが羨ましくて仕方がない。

 

 

顔がちょっと個性的でも、スリムじゃなくても、その人自身が魅力的で、みんなが集まってくるタイプの人。

みんなが、話しかけたくなって、みんなが笑顔になってしまう人。

 

 

どんな家庭に育ったらそんな人になれるんだろう。

 

 

 

愛される側の人は、たぶん、あいつは愛されタイプで、あいつは敬遠タイプ、だなんて人を分析したり しない。

 

 

 

人間を分析して分類するという意地悪でひねくれた考え方をするうちは、愛される側にはなれないと思う。

 

 

生まれ変わったら、愛される側の人間になりたいな、と思う。