読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

体育会系のえらそうな態度をとる先生が結局生徒に好かれるのはなぜなのか

こんにちは。せかい工房です。

 

30歳です。高校教員をしています。
適応障害で昨年10月に休職、その後復職し、一年が経ちました。

 

私のきらいな人は、なんかえらそうな体育会系の教員です。

 

自分が言いたいことはでかい声で怒鳴り散らして相手を従わせようとするくせに、書類の締め切りには無頓着。

 

自分が言うこと聞かせたいことにしか厳しくない。

 

なんなんだ。

 

それでも、あれやこれやこまごま生徒の世話を焼く教員よりも、そうやって怒鳴り散らして怖がらせる理不尽な人の方が生徒も言うことを聞くし、そして意外にも慕われている。

 

なんなんだろう。

 

結局生徒もみんな、犬みたいだなと思う。

 

理論的に物事を説明して筋道を立てて行動する人より、

怖くて見た目にわかりやすい強そうなリーダーに従うのだ。

 

あいつら、みんな犬みたいだな。

 

体育会系の教員は、たぶん犬のしつけがうまいだろう。

生徒をしつけるみたいに。

 

 

そんな体育会系の教員が、学校で暴力事件が起こった時に矢面に立つので、私みたいなみそっかすは何も言えない。

 

 

強くて、謙虚で、頼りになる人というのは、これまで1人しか見たことがない。

 

 

やっぱり、稀有な存在なのだろうな。