読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

心に余裕がないときは、何かにこだわりすぎているとき

こんにちは。せかい工房です。

 

30歳です。高校教員をしています。
適応障害で昨年10月に休職、その後復職しました。

 

 

いま、とても心に余裕がありません。

 

今週、急な出張が続いたせいで全く授業準備ができていないのです。

 

月曜日以外、すべて出張。

 

授業準備するひまがない。

 

 

今日は、友だちと飲み会をする予定を前々から入れていた。

 

約束したときは、とっても楽しみにしてたのに、今は嫌で嫌で仕方ない。

 

わたしから時間を奪わないで、

このままだとまた夜中まで仕事しないといけない、それは嫌だ。

 

 

昨日も、本当は友だちの家に泊まりにいく予定だったのに、直前でドタキャンした。

 

あなたがいなくてさみしいよ、と言われたけど、わたしにはそんな余裕ない、うるさい!と八つ当たりしそうになる。

 

 

 

これじゃだめだ。

 

 

わたし、去年の適応障害で学んだはず。

 

仕事で忙しくて、自分を助けてくれる友だちに八つ当たりすることだけはしたくないって。

 

楽しい時間の間に、仕事のこと考えて不安になってイライラして、その場にいる人に不満をぶつけるような生活には戻りたくないって。

 

 

適応障害だったときは、毎日そうだった。

 

金曜の夜も、土曜の夜も、一緒に過ごしてくれる友だち、優しい彼氏に対して、いつもイライラしてた。

 

ああ、あと24時間で土曜が終わる、あと12時間で出勤、あと7時間後には授業。。。。

 

そんなことばっかり考えて、イライラしてた。

 

 

楽しい時間は楽しいことしか考えない。

 

仕事がうまくいかなくて、友だちや彼氏に八つ当たりして、楽しい時間もいつも仕事にとらわれるような生き方はもうしないって、決めたんだ。

 

 

ネットでいろいろ調べた。

 

心に余裕がないとき、人に攻撃的になるけどどうしたらいいのかって。

 

たどり着いたのは一つのホームページで、

 

「心に余裕がないときはこだわりを捨てること」

 

 

と書いてあった。

 

 

わたしのこだわりってなんだろう。

 

 

そういえば、テスト終わってからまた授業が始まるけど、次にやる単元はわたしが苦手なところだ。

 

生徒には、だらだらつまらない講義を聞かせるんじゃなくて、興味を持ってもらえるように、そして、少しでも授業で驚きを感じたりしてほしい。

 

 

苦手な単元と、質の高い授業へのこだわり。

それがわたしを苦しめる。

 

完璧な授業準備ができていないと不安で仕方ない。

 

 

でも、それってこだわりなのかな。

 

 

もう、あと冬休みまであまり時間がない。

 

だったらね、手抜きだけどね、冬休みの宿題を授業時間でやらせたらいいんじゃない?

 

授業にこだわって友だちに優しくできないなら、そのこだわり、ちょっと落ち着かせてもいいんじゃない?

 

 

わたしは、授業をないがしろにすることはしない。性格的にできない。

 

だから、授業を大切にする気持ちをなくすことはないから、だから、少し柔軟に考えたらどうだろう。

 

 

二学期、わたしはじゅうぶん頑張った。

できることをして、駆け抜けてきた。

風邪をひいて休むこともなかった。

難しい保護者対応もこなしてきた。

 

 

周りから見たら、ずいぶん甘えたメンヘラ教員だけど、でも、わたしは決めたんだ。

 

仕事でイライラして、大切にしたい人を傷つける生き方はしたくないって。

 

仕事のときは、仕事をして、

楽しい時間は、楽しく過ごして、

大切な人は、大切にするって。

 

 

 

うん、わたし、がんばった。

 

あとちょっとだけ頑張ったら、こだわりを一つ隣に置いてしまおう。

 

 

今日はだいぶ落ち着いた。

 

日記を書いてよかった。

 

書くことで、自分を見つめ直すことができる。

 

これからの飲み会も、素直に楽しめる。大切な人を大切にすることを、もう一度確認できてよかった。