読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

人は1日6万回考えて、そのうちの95%は昨日と同じことを考えていて、そのうちの80%はネガティヴなことである。

今日のよい子 働くことについて 6万回の思考を楽しく

こんにちは。せかい工房です。

 

高校教員をしています。

 

一昨年に転勤先で適応障害になり、半年休職して、その後復帰しました。

 

 

今日は有給休暇です。

 

最高の1日でした。

 

本屋に行って、仕事と全然関係ない、読みやすいエッセイばっっっかり読んできました。

 

「めんどくさいがなくなる本」

 

という本を読んだのですが、

ブログのタイトルにあるのはその本の中に出てきた言葉です。

 

正確にこうだったかは忘れちゃったな。

 

 

まあ、とりあえずそれを読んで大笑いしてしまいました。

 

 

昨日、私は、想像力が脳を殺すと書いた。

 

嫌なことを考えたり、予想したり、不安になったりするだけで、脳はカロリーを使い、心と体は蝕まれていく。

 

 

たぶん、日曜日の夕方4時の私とフルマラソン走ったあとの私では、後者の方が圧倒的に元気だろう。

 

 

 

そうやって、心も体もぼろぼろになるくらい悩んできた私。

 

 

しかし、そのうちの95%が昨日とかおとといとかに考えてたことと同じで、そのうちの80%がネガティヴ。

 

 

おいおい。

 

私、本当に進歩してないな。

 

こんなに日々悩んで、立ち上がろうとしたり、試行錯誤してるのに、それ昨日もおとといも一年前も2年前にも考えてたことだったんか!

 

 

確かに、人間関係でいうと、人に気を使いすぎて言いたいことが言えない、もしくは自分がそもそも何を言いたいのか、主張したい中身もわからない、ということについては、小学校6年生から毎日考えてきたことだ。

 

 

 

そっかあ。

 

 

1日6万回も考えるのに。

 

 

そのうち、ほとんどは自分を苦しめる想像しかしてないのか。

 

 

かわいそうな私。

 

 

そこで私は思った。

 

 

せめて、6万回考えるうちの、半分は嬉しいことや、楽しいこと、驚いたこと、自分の好きなことを考えたい。

 

 

言い換えれば、嫌だと思うことも、考え方を変えて、どうしたら楽しめるのかと思考転換して6万回の「いいこと」に変えたい。

 

 

 

変えたい。

 

 

明日の嫌なことを、ちょっとでも、いいことに思考転換できたらいいな。

 

 

できたらいいな。

 

 

 

これまで、このブログにはドロドロした気持ちだけを書いてきた。

 

 

誰にも言えないような、汚い感情もいっぱい書いた。

 

 

前向きなこと言う奴なんて、嫌いだった。

 

 

たぶん、これからもそう思うだろう。

 

 

でも、前向きなやつをどれだけ嫌ったところで、私の人生が楽しくなるわけでもない。

 

 

だから、ブログには、自分が嬉しかったことや、いいなと思った気づきも少しずつ書いていこうと思う。

 

 

嫌なことや嫌いなものばかり書いて、読者の人に共感してもらって甘えてきたけれど、そろそろ立ち上がらなければ。

 

 

 

6万回のうち、まずは1万回は楽しいこと考えよう。

 

 

ブログのカテゴリーに、「6万回の思考を楽しく」を追加した。

 

 

6万回、楽しいことを考えられるように。

 

 

 

でも、最初はうまくいかないからきっと行きつ戻りつして、ぼろぼろになると思う。

 

 

みなさん、応援してください。

 

 

 

今日の6万回のうちの1回は、

 

「今日休んで本当によかった!!!」

 

でした。今日の6万回の殿堂入り。