よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

ばかにされた日

こんにちは。せかい工房です。

 

今年30歳です。

高校教員をしています。

 

一昨年に転勤先で適応障害になり、半年休職して、その後復帰しました。

 

 

この間、友だちと会話する中で、ちょっといじられることがありました。

 

 

私はスポーツが大の苦手なのですが、たまたま一緒に友だちとフットサルをする機会がありました。

メンバーが足りないから、出て欲しい、と。

 

 

案の定、体を動かすのが大嫌いな私はチームの足を引っ張るだけの存在になり、友だちと楽しく遊んでいるはずなのに、なんだかものすごく居心地の悪い時間になりました。

 

 

そんなとき、

「足の動きがさあ、独特だよね!」

と友人に笑われました。

 

 

 

その子は、たぶん何も考えなしに軽い気持ちでそう言ったんだと思う。

 

 

でも、私はすごく傷ついた。

 

 

あなたは運動が得意なんだろうけど、私にはそんなことできない。

あなたは、下手な人をただおもしろがってからかっているつもりなんだろうけど、私はすごく居づらい空気で辛かった。

あなたにまで、なんでそんなこと言われないといけないの?

 

 

本当は言い返してやりたかったけど、できなかった。

 

 

私があまりにも怒って帰り道に口をきかなかったので、友だちは少し不安になったのか、私に気遣うように話しかけてきた。

 

 

でも、きっと私が何に怒っているかなんて、気づかないしわからないだろう。

 

 

それから、その子とは話していない。

 

 

こういうとき、なんて自分は小さい人間なんだろうって思う。

 

なんて無駄にプライドだけ高いんだろうって思う。

 

 

下手くそなら、下手くそなりに頑張って、下手だねって言われても、

そうなんだよ、えへへって恥ずかしながら笑えばいいだけなのに。

 

 

なんでだろう。

 

なんで私はばかにされたり、いじられるのが嫌なんだろう。

 

 

うまく笑って流せない。

 

 

自分の欠点は、指摘されても怒らずに笑って流すとうまくいくって、本に書いてあった。 

 

 

私は、自分にも人にも許せないことがたくさんあるんだと思う。

 

 

 

例えば、最後まで話を聞かれないとか、話を遮られるとか、無視されるとか、大勢の前でばかにされるとか、話が面白くないって言われるとか、

 

そういうことをされるのがすごく苦手。

 

すごく怒りたい気持ちになる。

 

 

でも、世の中にはそうされても全然意に介さない人もいる。    

 

 

私という存在を軽んじられることが許せない。

 

 

ただ、運動できないことをからかわれただけなのに、なんでこんなにムキになるんだろう。

 

 

もう30歳なのに、ずっと思春期の中学生みたいだ。