読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

今日はがんばった。私がんばった

今日のよい子 6万回の思考を楽しく

こんにちは。せかい工房です。

 

今年30歳です。

高校教員をしています。

 

一昨年に転勤先で適応障害になり、半年休職して、その後復帰しました。

 

 

今日は仕事が楽しかった。

充実感があった。

 

 

昨日、校長と面談したときに、

 

「最近は病院行ってるの?大丈夫?」

 

という話になった。

 

「復職してから通院はしてません。家族に電話したりしてよく話を聞いてもらっています。」

 

「そうかあ。いったん休職するとね、だいたい辞めちゃうんだよ。あなたが戻ってくるって決めたとき、復職届けを受理する役職の人がね、彼女戻ってこれてよかったね、めずらしいねって言ってたよ。」

 

 

 

そっかあ。

復職ってめずらしいのか。

 

そして、私のことを紙面を通じて知ってくれている人がいて、私が復職の決意をしたことを応援してくれる人がいたのか。

 

ありがとう、名も知らない誰か。

 

知らないところで、応援されてる。

 

それがわかるだけでも、嬉しい。

 

 

今日は2時間に及ぶ保護者懇談をこなし、出張をこなし、授業をこなし。。。

 

 

目の回るような忙しさだった。

 

 

でも、どれにも私なりの手応えがあった。

 

 

私、多分、保護者としゃべるの好きなんだな。

 

子育てしてる人と話すのが好きなんだな。

 

 

赤ちゃんとかじゃなくて、10代の子供がいる親と話すのが好きなんだな。きっと。

 

 

おつかれ私。

 

今帰宅しました。

 

体は疲れましたが、心はすっきりです。

 

6万分の5万くらい、いいこと考えました。