読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

ヒット

今日のよい子 働くことについて

こんにちは。せかい工房です。

 

今年30歳です。

高校教員をしています。

 

一昨年に転勤先で適応障害になり、半年休職して、その後復帰しました。

 

今日で、苦手な単元が終わりました。

 

あとは、ドリルやらせたり、過去問解かせたり、もう私が何かを用意することはありません。

 

 

とりあえず、授業と呼べる授業は今日で終わりです。

 

 

長い、長い一年でした。

もう終わりが来ないんじゃないかと思いました。

 

 

でも、ちゃんと一年は経っていて、私は1つ歳をとって、授業プリントも一年分の厚みが出た。

 

もう、授業プリントを作ることもない。

 

 

最後の授業、話していて、自分でも、生徒たちに伝えたかったことは言えたと思うし、みんなそれに応えてくれたように思う。

授業が終わった後、生徒の数人が、1年間ありがとうございましたって言ってくれた。

 

 

バッターボックスに立って、今日、私はヒットを打ったんだ。

バッターボックスに立って、試合が終わるのを見届けることができたんだ。

 

 

去年はできなかった、「3学期まで授業をする」ことが今年はできたことが嬉しくて、でもそんなこと当たり前すぎて誰にも言えないから、1人ハーゲンダッツを帰りに買って食べることにした。

 

 

金曜の夜、飲みに行く相手もいない。

 

1年間勤めたことの重みを共有できる相手もいない。

 

それでも、気持ちは満たされている。

 

大きな一仕事を終えて、胸が安らいでいる。

 

そうか、達成感ってこれか。

 

なんか久しぶりに味わうな。

 

もう授業がないと思うとホッとして、今まで緊張してて食べられなかった朝ごはんを、明日からは食べようと思う。

 

 

平日に朝ごはんを食べて出勤するという楽しみができた。

 

パン屋さんで、いい食パンを買って、スーパーで卵とベーコンを買った。

 

明日から、朝ごはんを作る。

 

朝ごはんを朝に食べられるって、幸せなことだなあ。

 

明日は土曜日だ。

 

最高だ。