よい子のやめ方〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

波乱の予感

こんにちは。せかい工房です。

 

今年30歳です。

高校教員をしています。

 

一昨年に転勤先で適応障害になり、半年休職して、その後復帰しました。

 

 

新学年、授業教科、校務分掌が決定し、職員室の引越しも始まりました。

 

新年度へ向けて、どんどん忙しくなる時期です。

 

 

私はまた違う校務分掌に入ることになりました。もちろん生徒指導ではありません。

ほっとしました。

 

 

ただ、私が新しい校務分掌に入ることによって、年輩のベテラン教員のポストを奪うことになりました。

 

ベテラン教員が誇りにしていたポストですが、その仕事ぶりに不満をもつ教員もたくさんいて、代わりに私が投入されることになったのです。

 

 

加えて、そのベテラン教員と私はなかなかソリが合わず、いつもコミュニケーションがうまくとれません。

 

 

そのベテラン教員は、私にポストを奪われて、きっと不満をもつだろうし、怒るでしょう。

 

引き継ぎもあまり丁寧にしないだろうし、むしろ、腹いせにあえて不完全な引き継ぎをすることもじゅうぶん考えられます。

 

 

授業も、昨年度とは全く違う科目をもつことになりました。

 

 

そして、大嫌いだった陸上部も、いろいろな事情があって主顧問になりました。

 

 

副担任で入る学年も、ほぼ初めて付き合う生徒ばかりです。

 

 

 

分掌、授業、顧問、学年。

 

どれもが去年とは少し違う、もしくは全く違う分野を受け持つことになります。

 

私は、大丈夫なのでしょうか。

 

 

 

私を支えるのは4つの要素。

 

⑴3年目だという「慣れ」

⑵副担任するクラスの「担任が素晴らしい女性であること」

⑶よい子であることをやめられなかったおかげで「誰とも衝突せずに仕事をすることができる」こと

⑷「あのクセ強い教員よりはせかい工房と働きたい」という評価がついたこと

 

 

 もう⑶、⑷については、芯のない私らしい要素。でも、教員という世間知らずだらけで威張りちらすのが好きな人間ばかりの現場では、誰ともうまくやれる人間はそれなりに重宝する。

 

組織を改革したり、抜本的に変革させる力はないけど、歯車として使える人間。

 

クセの強い人間に囲まれてもなんとかこなす、緩衝材。

 

 

起業家にはなれないタイプだし、つまらない人間だと思う。

 

それが私の強みであり、弱点なのだろう。

 

 

よい子をやめられなかったおかげか、私が学年移動した時、

「あーあなたがきてくれてよかった!」

と言ってもらえた。

 

すなわち、

 

「クセ強いやつが来なくてよかった。」

 

と言い換えられるのだけれど。

 

 

それでも、弱い私を支えてくれる基盤がなければ、この1年を乗り越えることはできないだろう。

 

 

男が派閥に入る気持ちがわかる。

 

どこかの派閥に属していれば、守られる。信頼される。居場所がある。

 

 

一匹狼でやるだけの力は私にはない。

 

 

うまくまわりに支えられて、なおかつ悪口や派閥争いからうまく逃れながら生きていくのが今の私にできることだ。

 

 

その中で、本当に自分を信頼してくれる人ができれば、信頼できる人が見つかれば、それでいい。

 

 

 

 でもきっと、こうやって逃げ回るだけではうまくいかない時期が来るのだろう。

 

ベテラン教員に意見したり、会議で反対意見を押し切って、批判されながらも何を運営しなければならないような事態にあって、自分の手を汚して仕事をしないといけない時期がいつかきっとくる。

 

 

今は、まだそこにはいけない。

今、できることをしよう。