よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

ちょっとだけうまくいった日

こんにちは。せかい工房です。

 

今年30歳です。

高校教員をしています。

 

一昨年に転勤先で適応障害になり、半年休職して、その後復帰しました。

 

 

復職2年目が始まりました。

 

 

今週は、本当にいろんなことがありました。

 

ありすぎて、まだ水曜日だなんて信じられません。

 

 

まず、とある生徒に本気でキレました。

 

 

提出物も出さず、かと思えば、反省文では思ってもいないようなおりこうな内容を書き、

「どうせこう言っておいたら、こう書いておいたら、こいつは騙せるだろう」

という魂胆丸見えの内容でした。

 

 

これまで、何度も何度もそのことについて話し合い、何度も約束し、その度に裏切られて来ました。

 

 

 

そして、運命の金曜日。

 

 

私の授業にどうどうと遅刻し、無言で教室に入って来ました。

 

 

すみませんも言わず。

 

 

 

怒りで手が震えて、授業どころではありませんでした。

 

 

ぶるぶる震える私を見て、その生徒はハッとした顔をしました。

 

 

本気で怒っていることがわかったのでしょう。

 

 

授業では、その子をたくさんあてました。

 

その子は、私の怒りを肌で感じているようでいつもよりハキハキと答えていました。

 

なんとか必死の思いで50分がすぎたあと、別室に呼び出しました。

 

 

 

これまで私が感じたつらい気持ち、怒りを全てぶちまけました。

 

 

あんなに、人に対して怒ったのは初めてでした。

 

 

約束をしてもしても破られるつらさ、

信頼しようと頑張っているのに裏切られるつらさ、

バカにされてる、舐められてるとわかっていながらも、信じようと何度も思って、

それでもことごとくウソをつかれることへの怒りを、

機関銃で木をなぎ倒すように喋り続けました。

 

 

いったん話し出すと止まらなくて、手がわなわな震えました。

 

 

同じことを何回も言いました。

 

 

 

怒るときは、ポイントをしぼって、体罰にならないように、相手が言い訳できる隙も与えて怒る。

 

 

それが子どもを怒る時のセオリーらしいですが、

 

もうそんなこと考えていられませんでした。

 

 

親からクレームが来ようが、不登校になろうが、トラウマになろうが、知ったものかと思いました。

 

 

なんでお前のためにわたしが苦しまなければならない。

 

どうしてお前の提出物が出ないことで、まわりの教員に責められなければならない。

 

どうしてお前のことで、土日も電話を家にかけないといけない。

 

 

どうしてお前のことで、私の大切な休日をお前のことに対する怒りで無駄に過ごさなければならない。

 

 

そんな気持ちが一気に膨れ上がって、何度も何度も机を叩きました。

 

 

生徒のノートも投げつけました。

 

 

20分くらい叫んで、もうそろそろやめなければいけない、でも止まらない。

 

「もういい。帰れ」

と言うのが精一杯でした。

 

 

おかげさまで?月曜日から、その生徒の忘れ物が減りました。

 

まだちょこちょこ忘れてるけど。

 

 

でも、本人が少し頑張ろうとしている姿が見えました。

 

 

それも、たぶん1週間も続かないでしょう。

 

 

こうやって、騙されてあげて、裏切られてあげて、信じてあげて、それが教員の仕事なんだろうなと思いました。

 

 

 

気持ちが大きく振り子のように、苦しみとやりがいと喜びと怒りの間で揺れる。

 

 

このせいで、生理が止まりました。

 

 

やれやれです。

 

 

今週、本当に頑張りました。私。

 

 

子どもってね、生徒ってね、先生に褒めてもらえるけど

 

先生は誰からも褒められない。

 

誰かに褒めてほしい。

 

 

よく叱ったね、よくぶつかったね、って言われたい。

 

 

だから、年輩の男性教員と女性教員にこのことについてたくさん話しました。

 

「よく叱った!!えらい!

怒るのって、エネルギーいるもんね!」

 

と褒めてもらいました。

 

 

私。頑張った!

 

 

この件で、3歳くらい老けました。

 

 

目のクマがなおりま