読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

報われるとき

こんにちは。せかい工房です。

 

今年30歳です。

高校教員をしています。

 

一昨年に転勤先で適応障害になり、半年休職して、その後復帰しました。

 

復帰して1年が経ちました。

 

 

今日は4ついいことがありました。

 

 

全部部活のこと。

 

①副顧問で非協力的な人が「今日は私が練習を見たらいいんだよね?」と、自分から仕事を意識してくれていた。

 

 

②部活で以前伝えた「部員が失敗したときは、ドンマイ!って必ず声をかけよう」という指示を、今日の練習で部員が守っていた。

 

 

③今日の練習のあと、みんなが集合したときに「前に伝えたこと、よくできてた。すごくいい雰囲気だった。」って言ったら、いつも反発してた部長が、うんって頷いた。

 

ゴールデンウィークの旅行のお土産のクッキーを部員にあげたら、みんな喜んでた。いつも愛想の悪い女子が「ありがとうございます!でも、クッキー嫌いなんですよね!」「お土産もらう立場で何言ってるのよ」という会話をして、みんなが笑っていた。

 

 

 

もともと専門じゃない部活の顧問になってから、私のいうことなんて、部員は誰も聞いてなかったし、私を信頼もしてなかった。

 

これまでは、ちょっとした冗談も言えなかったし、「こうしたら?ああしたら?」なんて言おうものなら、すごく嫌そうな顔をされてきた。

 

 

でも、今日は部員が少し素直になってくれた。

 

冗談を言っても、笑えるくらい、信頼感が少しずつできてきた。

 

ゴールデンウィーク明け、すごく辛かったけど、生徒の頷き1つで、笑顔1つで、報われる。

 

 

だから、この仕事全力でがんばろう!なんてまだ思えないけど、

 

 

それでも、味方が誰もいなかった、誰もやりたがらなかった仕事をやってきて、先が見えなくて辛い時もあったけど、やっと、やっと、形になる兆しが見えてきた。

 

少し、報われたと思えた。

 

明日はキラキラしてないかもだけど、まあ悪くないかな、と思えた。

 

 

やっと、相手との信頼という形が見えてきた。

 

これは本当に大きい。

 

 

私、がんばった。

 

ゴールデンウィーク明けの絶望の月曜、よくがんばった。