よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

部活問題 副顧問と合わないことを相談した

今日は、分掌で部活動主担の女性教員に相談した。

 

 

どうしても副顧問と考えていることが合わない。どうしたらいいだろう。すごく苦しい。

 

 

その女性はいつもタフでにこにこしてて、ザ・先生な人だ。

 

人情に厚く、厳しくも優しい素晴らしい人だ。

 

 

その先生に、泣きながら話を聞いてもらった。

 

 

うまく運営できなくてつらいこと、何をどうしたらいいかわからないこと。。。

 

 

一つ一つ伝えていく中で、自分が明確にすべきことも少しずつ見えて来た。

 

 

 

メモ

・できない競技はできないと素直に言う

・副顧問と腹を割って話す

・主顧問が最後の決定をするのだから、心配なことは副顧問にせっついてメニューなんかを先に決めてもらうよう強く言う。

・自分が指導できないから、副顧問や周りに助けてもらってる。生徒もそれに対して感謝の気持ちをもってほしいと伝える。

・生徒に舐められる、とかじゃなくて、わからないことは正直に謝る、でも部活らしくない態度であればしっかり叱る

・副顧問と意見が合わないときは正直に言う

・生徒にも副顧問にも素直になる

 

 

 

彼女いわく、私と一緒にやっている副顧問は、いろいろ考えるけど決められないタイプの人だそうだ。

 

 

「だから、逆にあなたがメニューとか提案して、もうこれやりましょう!すぐ決めましょう!ってどんどん伝えていいんじゃない?

 

生徒に対しても、顧問に対しても、素直になるのが1番だよ。」

 

 

それを聞いて、少し安心した。

 

 

そっか。

 

私からどんどん仕切ればいいのか。

 

 

あれっでもそれって、結局主顧問の私が最終的にほとんど負担をかぶるってことだよね?

 

 

うーん。。。。

 

 

ただ、副顧問のせいにばかりもできないな、とは思った。

 

 

相手が決められない人なら、私が決めたらいいのか。。。。

 

 

そうか。。。。

 

 

何もわかんないけど、私が決めるのか。。。。

 

 

ちょっと、少しずつやれそうなことは考えられた。