よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

不安の塊 三連休も毎日部活の夢を見た

三連休がおわった。

 

土曜は部活だったけど、半日で終わって、そこから私の二連休半が始まる予定だった。

 

 

楽しみに、楽しみにしてた連休。

 

 

2日間も純粋な休みがあるのは、もう何週間ぶりだろう。

 

たくさん楽しんでやろうと、彼氏と一緒にいろんなところにでかけて、お泊まりもして、ご飯も食べて、幸せな時間を過ごした。。。

 

 

はずだったんですが。

 

 

土曜の部活中に、部員の気の強い女子と少し雰囲気が悪くなった。

 

言い合い、ってほどではないが、

「それ意味あるんですか?」

「もう帰っていいんですか?」

などなど、こっちがイラっとしたり、ムッとすることを言ってくる。

 

 

私も競技に詳しくないために、変にアドバイスなんかしようとするから、信頼がなくなっているのかもしれない。

 

 

もはや道具のしまい方とか、学校のルールとか、そんなことに関しての注意すら、受け付けようとしない。

 

 

これから大会もある。

 

山のように部員と対立するシーンが出てくる。

 

 

はあ。。。。

 

 

部員に言われたことがすごく気になって、これから先の部活運営にも自信がなくなって、

 

連休中はずっとずっとずーーーーっと部活のことしか考えられなかった。

 

 

うまくいっていたと思ったのに。

 

私なりに、努力しているのに。

 

どうしてわかってもらえないんだろう。

 

こんなことなら、最初から部活運営にやる気なんか出さなければよかった。

 

 

部員に言われたことをぐちぐち考えるループから抜け出せず、しまいには今後起こるであろう対立シーンまで具体的に想像し、予想し、イメージし、脳に嫌な出来事を、起こったことも、起こってないことも、まぜこぜに刷り込んで、アドラーとか勇気とか、そんな気持ちが全部吹っ飛ぶような連休だった。

 

 

毎日部活のことを夢に見て、驚いて飛び起きる。

 

 

なんか。。。

 

 

どうしたら私は平和に過ごすことができるんだろう。

 

 

どうして、こういう細かないさかいに慣れることができないのだろう。

 

 

どうして、いつまでたっても年下や後輩が苦手なのだろう。

 

 

なぜ、うまく叱らないのだろう。

 

 

絶望の夏休みが始まる。

 

毎日4時間、部活がある。

 

大会もある。

 

それごとに、生徒を叱りつけ、傷つかないといけないのだろうか。

 

なんか。。。

 

なんか、私甘えてるのかな。

 

30にもなって、ささいなことで傷ついて。

 

これってダメなことなのかな。

 

みんな、どうやって大人になっていってるんだろ。

 

 

今までよい子にしてたし、私が私自身のことで怒られたりすることなんて無かった。

 

 

今は、私とは関係ない、自分のこと以外で嫌な気持ちになっている。

 

 

担当の生徒が言うことを聞かない、担当の部活の生徒がルールをやぶる、同じチームの教員の仕事が遅い。。。。

 

 

 

自分自身と直接関係のないところで、私の責任になっていく。

 

自分のことで精一杯だよ、もう。