よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

私はずいぶん強くなったと思う。

今日も、いろんな人から、「あの生徒はしっかり叱っておかないと、あとから大変なことになるよ」と言われた。

 

 

うん。。。。

 

わかってるけど。。。。

 

私は誰も叱りたくない。

 

 

叱って傷つきたくないし、他人の落ち度を叱ることで自分が傷つくなんて、本当に意味不明。

 

 

でも、教員だから叱らないといけない。

 

 

こうして、毎日毎日いっつもいっつも、

 

「お前は弱いやつで指導力がないからもっと強くなれ」

 

と遠回しに言われてくると、なんだかすごくしんどくなってくる。

 

でも私だって、2年前と比べたらずいぶん強くなったと思う。

 

 

ストレスの多い状況をうまく避けられるようになったとも言えるけど。

 

 

時々は逃げることもあるけど、遅刻した生徒を叱ったり、提出物を出さない生徒を叱ったりした。   

 

 

今までだったら怖くて言えなかったような生徒にも、少しずつ言えるようになったと思う。

 

まだまだ足りないのかなあ。

 

 でも、結構私だって頑張ってるんだけどなあ。

 

たぶん、私は教室を荒らすタイプの教員だと思う。

 

でも、それでも、少しずつ少しずつ人を叱ることができるようになってきたのだ。

 

だれもわかってくれないけど。

 

みんな、あまりにもできて当たり前のことだと思ってるから、私が叱ることごできても「やっと人並み、やっと最低ライン」くらいしか思ってくれない。

 

 

私としては、200点くらいなんだけど。

 勇気出して踏み込んで行動してるんだから、200点くらいだと思うんだけど。

 

 

だから、今日は自分を褒めてあげることにした。

 

 

私はよく頑張ってる。

 

逃げずに、1日1日トライしてる。

 

この学校に来てから、2年半。

 

あっと言う間なんて思ったこと、一度もない。

 

あるとすれば、休職期間の5ヶ月間だけ。

 

 

残りの日は、1日1日の苦しみも不安も辛さもきっちり1日ぶん味わってきた。

 

 

あっと言う間なんて、思えない。

 

24時間分のウェイトを感じてる。

 

濃密な時間だった、とか、勉強になった、とか、いろんな言い方ができるけど、私は「何かのツケを払った」という意識の方が強い。

 

 

これまでよい子で真面目に生きてきたツケを払っているのだ。

 

 

よい子で真面目で誰にも文句言われずに、堂々と世の中を生きてきたツケを。

 

 

だれともぶつかり合わず、(よい子にしてたらぶつかる必要もないし、ぶつかっても大概私が正しいから)みんなから褒められてきて甘やかされたツケを払っているのだ。

 

 あといくらぶんあるのかな。