よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

お姫様として自分を大切にするように実践したこと

自分を大切にする。

 

 

それは、何度も聞いたことのある言葉だけれど、

 

具体的にどうしたらいいかわからない。

 

 

自分を大切にすることは、

 

頭で考えるだけではダメで、

 

実際に行動すると、

 

「あ、私大切にされてる!」

 

と実感できて、とてもうまくいく。

 

 

 

最近私が私にしてあげたことは、

 

①朝ごはんを食べさせてあげる

 

②ハンドドリップのコーヒーを飲ませてあげる

 

③お昼ご飯を食べさせてあげる

 

 

この3つ。

 

①と③なんて、

 

意識してみて初めて

 

自分が今までご飯も食べさせてやらなかったのかとびっくりした。

 

自分を粗末にすることを

 

セルフネグレクトと言う。

 

 

私にちゃんと、

 

1日3回とまではいかなくても、

 

何度かご飯を食べさせてあげよう。

 

 

私は職場にいるときに

 

お昼ご飯を食べるのがおっくうで、

 

食べると眠くなるし、

 

集中が途切れる気がして、

 

お昼ご飯を食べないことが多かった。

 

まず緊張して、

 

ご飯が喉を通らないこともあった。

 

朝ごはんに至っては、

 

少しでも長く寝ていたいから、

 

食べずに家を出ていた。

 

 

 

最近は、

 

朝ごはんをしっかり作るのは

 

やっぱり難しいから、

 

フルーツや小さなパンなんか、

 

一口ですぐ食べられるものだけを

 

朝に2分くらいで食べるようにしている。

 

 

コーヒーも、

 

いつもめんどうで豆だけ買って

 

そのまま腐らせていたのだけど、

 

いいコーヒーを買って飲むようになった。

 

時間のあるときに、

 

自分にコーヒーを入れてあげる。

 

 

ちょっとしたことなのだけれど、

 

そういうことを

 

すればするほど、

 

「ああ、私って大切にされてるなあ」

 

と感じられて、気持ちよくなる。

 

 

だから、

 

洗濯したものを着るとか、

 

素敵なお化粧をするとか、

 

好きな洋服を着るとか、

 

あわ立てた洗顔で顔を洗うとか、

 

そういう細かいことって

 

自分を大切にしてあげるチャンスで、

 

生活の中にたくさんそのチャンスが

 

ころがっていて、

 

自分を気持ちよくさせてあげられる機会が

 

1日のうちにたくさんあるってわかった。

 

 

だったら、

 

そのチャンスを全部使って、

 

私を大切にしてあげよう。

 

 

 

今日も、美味しいコーヒーを2杯飲んだ。

 

 

嬉しいなあ。