よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

秋バテ?つまらない大人になった気がする

連休明けだからなのか、

 

なぜか授業もうまくいかないし

 

何より仕事への情熱が

 

ほとんどなくなってきた気がする。

 

 

これまでは、

 

私なりに

 

「実社会で役立つ力をつけたい」

「生徒の価値観を変えるような授業がしたい」

 

という強い気持ちがあって、

 

これまで授業をしてきたつもりだ。

 

 

 

今日は全くやる気が出ない。

 

 

生徒と話すことも嫌。

 

授業も嫌。

 

簡単なほうれんそうも嫌。

 

 

 

いつも思うのは、

 

今よりラクな学校に行きたい、

 

ただそれだけ。

 

 

 

教員1年目、2年目の頃は、

 

授業実践の本もたくさん買ったし、

 

「17:00に帰りたいなんていう人は教員になるな」

 

とすら思っていた。

 

 

なぜ、年配の教員が、

 

仕事を互いに押し付けて、

 

大人の事情で生徒に不利益になることを

 

平気でやっているのか、

 

全く意味がわからなかった。

 

 

 

今なら、わかってしまう。

 

 

もう、生徒とぶつかったり、

 

生徒とわかりあったり、

 

生徒の成長を喜んだり、

 

 

そんな1つ1つがもう疲れた。

 

そしてめんどうくさい。

 

 

この1年で、この一瞬で、

 

別に生徒が変わることはない。

 

 

人が変わる時は、

 

本当にヤバい時とか、

 

本当に変わらないといけない事態に

 

陥った時なのであって、

 

 

この授業1コマで何が変わるだろう。

 

 

どうせ、何やったって

 

生徒は寝るか内職するか

 

隣のやつと喋るかで、

 

脳みそから授業の中身は抜けてしまう。

 

 

 

何やっても無駄。

 

何やっても変わらない。

 

だったら、ラクな方にいきたい。

 

だったら、生徒なんかほっといて

 

自分の体調のこと考えて

 

家に帰りたい。

 

 

ほんと、そんな気持ち。

 

 

つまらない大人になったなあと思うけど、

 

最初からつまらない大人なんていなくて、

 

みんな疲れて

 

だんだんつまらなくなっていくんだなあって思った。