よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

今日の贈り物

①今日は授業あんまりうまくいかなかったけど、いつも寝るやつが今日は起きてた。

 

②同僚のベテランの先生から「よく頑張ってるね」って言ってもらえた。

 

 

③同僚のベテランの先生から「来年担任したいんだったら、一緒にやるからね。

不安だったら、助けるからね。

もし担任したいんだったら教えてね。」

と言ってもらえた。

 

 

④憎くてしかたなかった男子生徒と、今日もまあ楽しく話できた。

 

⑤その男子生徒がちゃんと挨拶してきた。

 

⑥その男子生徒は、やっぱり遅刻したけど、遅刻してすみませんって謝ってきた。

 

⑦早く帰れた

 

⑧バスがすぐきた

 

⑨嫌いな先生に声かけたら、会議に遅れずにちゃんときた。

 

⑩卒業生から仕事の悩み相談の電話があった。

 

卒業生と話すのは好きだ。

 

先生として見栄もはらなくていいし、

 

虚勢を張らなくてもいい。

 

お互い、1人の大人対大人として話せる。

 

自分に嘘をつかなくていいのは気持ちがいい。