よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

担任やりたい?

今日、ベテランでとても大好きな先生から、こう言われた。

 

 

「せかい工房さん、担任やりたい?

 

もしやりたかったら、

 

私がサポートするからね。

 

いろいろ教えるし、

 

トラブルがあったら叱ったり

 

話し合ったりするところもやるし、

 

一緒に2人担任もできる。

 

管理職にもかけあってあげるから。」

 

 

 

私は固まってしまった。

 

 

担任。

 

したくない。

 

 

 

そう思う自分は、悪い先生だろうか。

 

 

でも、ベテランの先生に

 

「あなたとても頑張り屋さんだから、

 

担任するなら、助けるよ」

 

って言ってもらえたのは

 

とっても嬉しかった。

 

 

「失敗してもいいよ。

 

チャレンジしてごらん。

 

困った時は、いつでも力になるよ。」

 

 

 

これが素で言える人っているだろうか。

 

 

 

教員ってどうしても個人営業だから、

 

隣のクラスには口出さない、

 

先生同士で注意したり、

 

意見をぶつけ合ったりしない。

 

 

先輩から後輩へ

 

知識や技術を伝達することもない。

 

 

 

それでも、やっと、堂々と

 

「教えてあげる」と

 

言ってくれる人に出会えたのだ。

 

 

 

これは、どういうことだろう。

 

 

これは、チャレンジしろという

 

お告げか何かなんだろうか。

 

 

でも、私はしたくない。

 

 

そう思うのって、

 

なんか、

 

ただの意気地なしだろうか。

 

 

 

わからなくなってきた。

 

初めて、

 

きちんと援護することを

 

約束してくれる同僚に出会えたのだ。

 

 

話しかけてくれたときは、

 

本当に嬉しかった。

 

担任団として、

 

迎えてくれるかもしれなかったんだ。

 

私、まだキラキラした先生に

 

なれるよってスカウトされてるんだ。

 

 

 

それ自体はとっても嬉しかった。

 

 

でも、そういう自分の気持ちが

 

持続しないだろうというのも

 

なんとなくわかっていた。

 

 

 

困難なことがあったら、

 

やっぱり激しく後悔するだろうし

 

家族に八つ当たりしてしまう

 

嫌な私になるだろう。

 

 

ベテランの先生の言葉は

 

とっても嬉しい。

 

心から嬉しい。

 

でも、行く場所は

 

そこではない。

 

 

 

うん。。。。

 

たぶん、その選択でいいのだと思う。

 

 

だんだんわからなくなってきたな。