よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

不安を細かくして取り除く

今日はよくがんばった。

 

電話するのも苦手な人に

 

きちんと電話して要件も伝えて

 

こちらの要望も通った。

 

そして、複雑で手のつけたくないような

 

業務上の処理のことも

 

今日だいたいまとめることができた。

 

 

 

私は、いつも

 

嫌なことをしなければならないとき

 

行動せずに不安がって

 

ほったらかしてギリギリまでやらない。

 

 

 

最近になって、

 

ようやく、嫌なことほど

 

細かくやるべきことに分割して

 

手をつける順序を整理してから

 

取り組めば、

 

なんとかなることが多いと学んだ。

 

そして、嫌な要件の相談の電話は

 

ギリギリになると

 

相手がそもそもいない

(学校の教員は、ほんとに電話つかまらない)

 

なんてことが多くて、

 

電話一本で30秒で済む話が

 

本人と話すのに1週間もかかる、

 

なんてことも多い。

 

 

 

先週は体調を崩していたので

 

学校を早めに帰ることが多かったのだけれど、

 

それを言い訳に、

 

やりたくないことを全部後回しにしてきた。

 

今日、そのうちのほとんどが終わった。

 

 

 

 

仕事を後回しにするのは、

 

その仕事がやりたくないのはもちろん、

 

仕事の見通しが立たないからだと思う。

 

 

どらくらい時間がかかるのか、

 

何をしたらいいのか、

 

それをある程度整理して

 

仕事の見通しがたてば、

 

取り組みやすくなる。

 

 

 

本当に嫌なときは、

 

見通しを立てるのも辛い。

 

見通しがたてば、

 

その仕事に取り組まねばならないから。

 

 

こうやって、

 

今まで私は

 

解決できる問題に 

 

あえてとりかからず、

 

「困っている人は

 

無意識にその環境を欲している」

 

状態にあったんだなあと思う。

 

 

アドラーもそんなこと言ってたなー。

 

 

今回はたまたまうまくいったので

 

とても助かった。

 

 

 

 

彼氏が最近とても優しい。

 

自分が、彼氏の優しさに

 

 本当に助けられていることがよくわかる。

 

 

 

このまま仕事をやめて、

 

家庭に入る、という人生を考えると、

 

仕事を辞められるだけでも

 

想像するとワクワクする。

 

 

最終的には、

 

辞めてもいいんだ。

 

 

来年は異動できるといいなあ。

 

無理かなあ。

 

 

この穏やかな気持ちのまま、

 

生きていきたい。