よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

今日はいいことしかなかった

①苦手な生徒がみんな休んでた。

 

②授業の反応は、まあまあくらい。

 

いつも寝てた子がちょっと起きてた。

 

③授業準備がすぐ終わった。

 

④締め切り前に仕事がだいぶ終わった。

 

⑤部活もなくて、6時に帰れた。

 

⑥夜ご飯作って、野菜たくさん食べた。

 

⑦ホットカーペットを出してぬくぬくした。

 

確定拠出年金の勉強をした。

 

このまま、たぶん病気で辞めたり、

 

収入が減ったりすることも

 

あると思うので、

 

投資をしてみようと思った。

 

⑨投資の勉強は、難しいけど

 

まったく新しい勉強なので楽しい。

 

いつかはプログラミングも勉強して、

 

教員を辞めたときでも

 

なんとか行きて行く術を

 

磨けたらと思う。

 

⑩最近、お昼ご飯を前日に

 

家の近くのスーパーで買うようにした。

 

いつもクレジットカードで払って

 

ポイントが貯まる。

 

学校の近くのお弁当屋さんは

 

クレジットカード使えないので、

 

毎日のことだから

 

家の近くのスーパーで買ったほうが

 

ポイントもつくし

 

いいかなあと思う。

 

 

 

なんだか今日は

 

心がざわめくことが何もなかった。

 

めずらしい日だ。

 

台風もあって大変だったけど、

 

一気に寒くなって

 

冬が来たことがわかって嬉しいし、

 

また1日がすぎて

 

この学校を去る日が近づくことも

 

嬉しいし、

 

なんとか倒れた10月31日を

 

越すことができそうで嬉しい。

 

 

昔話で、

 

貧乏なおじいさんとおばあさんが、

 

お正月に

 

「今年もようやく年が越せた」

 

とか言うシーンあるけど、

 

まさにそんな感じ。

 

 

 

ようやく、1年が回って

 

無事に過ごせた、ってことは

 

ありがたいことなんだなー。

 

 

今日もゆっくり寝よう。