よい子のやめ方練習帳〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

つらいとテンパって全員敵に見えるクセ

部活のゴタゴタから一夜あけて、

 

昨日は校内研修もあったから、

 

生徒と顔を合わさずにすんだ。

 

まあ今日も部活あるけど。。。

 

明日もあるけど。。。

 

 

一方、

 

とてもまじめに頑張っていて

 

素晴らしい顧問の先生がいるところでも

 

辞めたいって言いに来る部員がいて、

 

しかも怒られたから腹が立った、とか

 

部員が弱すぎて楽しくないとか、

 

そういう理由。

 

 

お前らのために、

 

こっちはどれだけ時間割いて

 

場所の調整して

 

職員会議に通して

 

自腹で学校の備品買って

 

そういうことも知らずに

 

言いたい要求ばかりつきつけてきて

 

感謝の気持ちも全然なくて

 

本当にはやく部活は学校から

 

消え去るべきだと思う。    

 

 

 

どんなに頑張ったって、

 

問題が起きるときは起きる。

 

 

 

どんなに素晴らしい顧問がいたって、

 

所詮うちみたいな学校だから、

 

とんちんかんな生徒も山ほどいるし

 

報われない方が多い。

 

 

ああ、そんなもんなんだなって。

 

 

 

私が限界まで頑張ってるとか、

 

向いてないのに頑張ってるから

 

生徒も一緒についてくるかとか、

 

 

そんなん期待しちゃダメだって。    

 

 

 

私は、いろんなものへの期待値が高すぎるんだろう。

 

 

 

言い方悪いけど、

 

所詮、そんなもん。

 

学校も、生徒も。

 

 

 

 

頑張ってる先生たちも

 

昨日はたくさん愚痴を言っていて、

 

ああ自分1人だけじゃないんだなって

 

少しホッとした。

 

 

どうしようもないこともあるよなって。

 

 

 

できることはできること。

 

 

できないことは、できないこと。

 

 

ややもすると、

 

頑張ってるのに結果がついてこないとき

 

私はまわりを全員敵に思って

 

なんで助けてくれないの、

 

なんで頑張ってるのに

 

わかってくれないの、と

 

一個気に食わないと

 

すべてぶち壊したくなるくせがある。

  

 

だから、

 

嫌なことがあったときは

 

まわりにたくさん聞かないと。

 

 

みんなそうだよ、

 

頑張ってても、

 

そんなこと起きるよって

 

言ってもらえたら、

 

やっと冷静になれる。

 

 

これから部活。

 

 

心臓がつぶれそう。

 

 

でも、

 

頑張ったって

 

無理なときは無理だから。

 

 

 

適度に諦めながら、

 

今年を終わらせよう。

 

 

はやく転勤したいなあ。

 

 

やっぱり、うちの学校って、

 

生徒が自分勝手だなって

 

強く思った。

 

 はやく、ここから出たい。