よい子のやめ方〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

謝ってきた

生徒に、朝謝った。

 

「あんな、言葉遣いは、

 

先生が生徒にするものではなかった。

 

個人的なイライラを

 

あなたにぶつけてしまった。

 

ごめんなさい。」

 

 

彼は、ものすごく嫌そうな顔をして、

 

私が謝っているときには

 

目をとじて、拒絶する顔をしていた。

 

そんななかでも、

 

私が「ごめんなさい」という度に

 

一応うなずいていた。

 

 

 

まだまだ時間はかかるだろうし、

 

一生許してくれないかもしれないし、

 

今後も同じ遅刻、提出物忘れが

 

続くだろう。

 

 

こんななかでも、

 

二度と、もう暴力的な言葉や体罰で、

 

生徒を動かすのはやめよう。

 

 

今日からまたスタートするしかない。

 

 

 

 

今日、カウンセリングの予約をした。

 

 

私は今、誰かに助けてもらわないといけない。

 

 

一人で抱え込むから、

 

こんなことになる。

 

専門家に頼らないと。

 

危ないと思ったら、

 

すぐに心をメンテナンスしないといけない。

 

 

泣きながらトイレに籠ったり、

 

家で動悸と不安ではきそうになってからでは

 

遅すぎる。

 

 

まだ、元気な間にいかないといけない。