よい子のやめ方〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

昔の彼氏を検索してしまう

早起きして掃除してたら、

 

大学のときの彼氏と

 

海外旅行した写真が出てきて

 

一向に掃除がすすまない。

 

 

 

アフリカに途上国支援に行った彼氏。

 

今はどうしているのか全然知らない。

 

 

懐かしくなって、昔使ってたSNS

 

彼氏の名前を検索しまくってしまった。

 

 

 

 

私が大学生の時はmixi全盛期で、

 

海外に留学した人たちは

 

みんなFacebookやりだした頃。

 

まだインスタは流行ってなくて

 

スマホも持ってなかった気がするなあ。。。

 

 

 

 

私は大学生のときの自分が一番好きだった。

 

自分の身の回りのものが 

 

全部キラキラして見えた。

 

 

 

大学のときに付き合った彼氏は

 

途上国支援の仕事をするんだと

 

高い目標をもっていて、

 

そんな姿にひかれて私から告白した。

 

 

自分も、彼氏と一緒に

 

途上国支援の仕事がしたいと思ったし、

 

実際に彼氏と一緒にアフリカに

 

何度も旅行に行ったりした。

 

 

 

結局、私は日本で先生になったわけだけど、

 

彼は海外で、私は日本でがんばるんだって

 

お互い、目標に向かってがんばるんだって、

 

励まし合ったこともあった。

 

 

 

教員採用試験に受かったときは、

 

誰よりも喜んでくれた。

 

 

 

海外と日本で離ればなれになったあとも

 

mixiFacebookでやりとりして

 

毎日毎日話をして

 

お互いがんばろうね、

 

がんばってるねって言い合っていた。

 

 

 

夢がかなって、教員になって、

 

ああ、昔の自分が今の私を見たら

 

きっとびっくりするだろうな。

 

こんなに後ろ向きなことばっかり

 

言ってるのか!みたいな。

 

 

 

 

 

SNS で彼氏を探してみたけど、

 

案の定、mixiFacebook

 

ログインした形跡もないし

 

ググっても名前も出てこない。

 

途上国支援だったら、活躍してたら

 

大概NPO とかの広報で

 

名前が出たりすることもあるんだけど、

 

今の彼に関する情報は

 

まったく出てこなかった。

 

 

 

今まで付き合った人の名前を

 

ネットで検索したりすることなんて

 

なかったんだけど

 

大学のときの彼氏だけは  

 

何度も何度も探してしまう。

 

年に三回くらい、そんな気持ちになる。

 

ちなみに今付き合ってる彼氏を

 

ネットで検索したことはない。

 

 

 

過去の彼氏にこだわるのは、

 

そのときの自分が私の黄金期だからだ。

 

自分が好きな自分でいられたときに

 

出合った人、行った場所、友達は

 

自分の中で特別なものになってしまう。

 

全部全部美化されて、

 

あのときのものは

 

全てが素晴らしかった気がしてくる。

 

おじさんが高度経済成長の話をするみたいに

 

昔は全部よかったような気がしてくる。

 

 

 

 

今から冷静に考えたら、

 

途上国支援に行った彼氏とは  

 

日頃からケンカも絶えなかったし、

 

自分も途上国支援に興味のあるつもりいたけど、

 

本当は彼氏に好かれたいから、とか、

 

途上国支援って言ってると

 

なんかカッコいい人みたいだから、とか、

 

チャラチャラしたカップルじゃなくて

 

私たちはタフで一風変わったもの同士で

 

仲間 兼 パートナー なんだって

 

思いたかっただけな気もする。

 

私は英語も話すの苦手だし、

 

異文化の人たちと

 

コミュニケーションとるのも苦手だし、

 

海外でハッキリモノを言う人たちと 

 

働くなんて、気弱な自分には  

 

向いてないだろうな。

 

日本の高校生にすら

 

気持ちを翻弄されるくらい

 

メンタル弱いんだから。

 

 

 

「見られたい自分」にこだわってたけど

 

本当に自分はそれがしたいのか?

 

と言われると、そうでもなかったんじゃないかな。

 

 

キラキラした彼といると、

 

人見知りで行動力もなくて

 

頭もあんまりよくない自分でも

 

特別な人間になれた気がして、

 

引き上げてもらえた気がして、

 

新しい自分になれる気がして、

 

無理に好きじゃないことも

 

知らず知らずのうちに

 

好きなふりをしてきた気がする。

 

 

 

 

30越えて、ようやく、

 

自分が思い描く「カッコいい自分」と

 

「好きなことしてリラックスしてる自分」が

 

あまりにもかけ離れていたことに

 

気付き始めてる。

 

その差に少し呆然としている。

 

 

 

写真に彼氏と映る私は、

 

まさに「見られたい自分」と

 

「好きなことしてる自分」が

 

一致してると思い込んで疑わなかった時期。

 

 

 

今ならもうしないような、

 

弾けるような笑顔と

 

テンション高めのポーズで

 

写真の私は本当に幸せそうだ。

 

 

 

別れてからも何度か連絡をとって

 

やり直したいと泣きわめいたけど

 

もとに戻ってくれなかった。

 

 

 

 

きっと私は

 

彼が好きだから戻りたいんじゃなくて、

 

キラキラした過去の自分を

 

取り戻そうとして

 

彼に執着しているんだと思う。

 

適応障害になって

 

夢を叶えて先生になったのに、

 

担任したくないと駄々をこねてる

 

情けない自分は、本当の私じゃなくて、

 

日本でぬくぬく暮らしてる

 

普通の人間が私なんじゃなくて、

 

 

 

途上国支援のために

 

あえて快適な日本の生活を捨てて

 

海外で活躍する私が

 

本当の私なんだって思いたいから、

 

現状に不満があると

 

デキない自分を直視したくなくて

 

理想の自分のイメージに逃げてしまう。

 

 

元彼は、その逃避に利用しているだけなんだ。

 

 

だから、今の情けない自分を

 

受け入れるか、肯定するか、認めるかしないと

 

根本の問題は解決しないんだって、

 

言い聞かせている。

   

 

 

だから、私は婚活までして

 

今の穏やかな彼氏を選び、

 

身の丈に合った恋愛、結婚をしようって

 

決めたんじゃないか。

 

 

 

ああ、掃除に戻ろう。

 

 

この決断でよかったんだって、

 

思うようにしたい。