よい子のやめ方〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

友達と久しぶりに会う

私の大好きな友達夫婦の家に遊びに行く。

 

学生の時からの、気のおけない友達。

 

会えば会うほど、

 

一緒にいたくなる人たち。

 

そういう人達がいてくれて本当によかった。

 

仕事のことも、

 

プライベートのことも、

 

押しつけることもなく、

 

私の現状をいつも肯定してくれる人たち。

 

本当に本当に楽しかった。  

 

今日はいいことがたくさんあってよかった。

 

①みんなで食べたケーキがおいしかった。

 

②仕事観が「ほどほどでいいよ」という人たちなので、話していてとても気楽

 

③一緒に食べた鍋がおいしかった。

 

④結婚について前向きなことをたくさん言ってくれた。

 

⑤晴れていて、暖かくて気持ちよかった。

 

⑥また来年もたくさん遊ぼうって言ってもらえた。

 

⑦私といる時間がとても楽しいと言ってくれた。

 

⑧一緒にいるだけで、心が落ち着けた。

 

⑨本当に全部の時間が楽しかった。 

 

⑩みんなで写真をとって、騒いだ。

 

 

小学校の作文みたいな内容になってしまった。

 

いつもひねくれて

 

分析的になる私にとって、

 

いつもフラットに接してくれて

 

何の含みもなく、楽しめる友達がいて

 

本当に本当に本当によかった。

 

 

人生のセーフティネット

 

彼氏と、友達と、家族。

 

ありがたいなあ。