よい子のやめ方〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

婚姻届を書いている

もうすぐ入籍する。

 

私は選択的別姓に賛成していて、

 

日本でも姓を変えない生き方ができたらいいなと思っている。

 

でも、私個人としては

 

名前を変えてしまいたかった。

 

コスプレするみたいに、

 

化粧をするみたいに、

 

手軽に新しい自分になれる気がして

 

呼び名が変わることは嬉しい。

 

まあ、少し名前が変わったくらいで

 

私という人間が変わるわけではないということは

 

100も承知なのだけど。

 

 

 

婚姻届を取りに行ったあとは、

 

マリッジブルーにもなったし、

 

やっぱり一人で生きていた方が

 

自由でいいんじゃないかと思うこともあった。

 

 

でも31歳になったら、

 

自由で一人で生きることと

 

苦しいときにパートナーがいることの

 

どちらが自分にとって必要なのか

 

もうわかっているのである。

 

誰にも縛られず、自由でいたいという人は

 

「本当に自由でいたい人」であって、

 

私は

 

「自由でいたいって言ってる女の人で

 

バリバリ仕事してる女の人かっこいいから

 

真似したい」と思ってる人だ。

 

本当に自由な生き方はできないし、

 

したところで自由をもて余すだけだ。

 

 

 

だから、マリッジブルーになったときも

 

「まあ、本心では結婚した方がいいってわかってるんでしょ?」

 

「ミーハーでマリッジブルーしてみたいだけでしょ?」

 

と冷静な自分もいるので、

 

たぶん結婚することで

 

精神的に不安定になることはないだろう。

 

結婚前の方が、よっぽど精神的に不安定だったし。

 

 

 

 

ただ、友人がこの間、

 

「仕事やめて留学する。」

 

と言ったとき、すっごく羨ましかった。

 

私だって、かつては

 

発展途上国支援でたくましくいきることを

 

志したこともあるからだ。

 

 

 

そうか。

 

私はもう結婚したら、

 

留学したり、海外で生きる選択肢は

 

限りなくゼロになるのか。。。

 

しかもこの年で留学するとなったら、

 

ただの学びじゃなくて、

 

何かスキルアップするためとかそういうもので

 

よく大学生がやりがちな

 

「留学のための留学」ではお金の無駄だ。

 

英語ならSkypeやネットで学べるし。

 

現地でしか学べないものって、

 

ほとんどないんじゃないか。

 

発掘とか、言語学とか文化人類学

 

フィールドワークとか。

 

何百万もかけて行かなくても

 

私ごときの学びなら、

 

日本にいた方がよっぽど文献も買いやすい。

 

 

 

 

そうは思いつつも、

 

やっぱり聞いてみた。

 

 

私「私が留学したいっていったら、

 

どうする?」

 

彼「いいよー」

 

 

即答!!!!!

 

 

私「えっ何で?なんで、いいの?」

 

彼「だってやりたいことなんでしょ?

 

俺は、もう転職も経験して、

 

やってみたいことにも挑戦して、

 

自分のやりたいことと、できることと、

 

収入のことといろいろ考えてきて、

 

自分の今いる立場で納得してるし。」

 

 

私「でも、1年とか2年とかいないかもよ??」

 

彼「そうだね、一緒にくっついていけないから、会えないのは寂しいなあ。」

 

 

 

呑気!!!!

 

 

私がさんざん、妊活早くしないと高齢出産だからとかわめいてたくせに

 

突然留学したいとか言い出す、支離滅裂な女であることを

 

彼はどれくらいわかっているんだろうか。

 

 

 

この人、なんて心が広いんだろう。

 

 

私が留学することは、

 

もしかしたらあるかもしれない。

 

ないかもしれない。

 

でも、したいって言ったら、この人はいいよって言ってくれる。

 

 

ああ、それだけでもものすごく嬉しい。

 

私が本気でやりたいことがあったら、

 

この人は受け止めてくれるんだろう。

 

私が「かっこいいと思われたい自分」を捨てて

 

本当に留学がしたいと思ったら、

 

そのとき相談してみよう。

 

 

 

マリッジブルー、なし!!!!

 

婚姻届、きっちり書きました。