よい子のやめ方〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

そういえば、今日は私が倒れた日

最近すごく疲れることが多い。

 

 

体力的にも、精神的にも。

 

 

長い長い二学期。

 

 

特に今日は、

 

授業準備がすすまずに

 

やっとさっき学校を出たところで

 

電車の窓に写る顔がげっそり痩せている。

 

 

特に最近は疲れがたまっていると思っていたら、

 

そういえば今日は

 

私が3年前、適応障害で学校から逃げた日だ。

 

 

 

あれから3年たった。

 

 

 

やっぱり、この季節は疲れる季節なのだ。

 

 

いろんなことがうまくいかなかったり、

 

疲れをうまくとることができなかったり、

 

勢いでものごとを乗り越える力がなかったり、

 

うまく休むこともできず、

 

かといってランナーズハイにもなれない時期なのだ。

 

 

 

 

そうかそうか。

 

こんな時期に、

 

3年前の私はたった一人で

 

学校に夜遅くまで残り、

 

授業準備ができないことや

 

授業中歩き回る生徒に対して

 

何もできない無力さに疲れはてて

 

毎日泣いていたのか。

 

 

 

3年前の自分を、そっと抱き締めたいと思う。

 

そして、今も授業準備がうまくできず

 

疲れきっている自分に、

 

「仕方ないよ、こういう時期だからね。

 

無理しないでね。」

 

と言ってあげたくなった。

 

 

 

3年もたったけど、私は私のまま。

 

少し変われたところもあるけど、

 

苦手なことや嫌いなことは昔のまま。

 

 

 

完璧にしなきゃ、

 

できるようにならなきゃ、

 

みたいな、思考はまだ変えられない。

 

 

 

 

今夜の10時20分。やっとこれから帰れる。