よい子のやめ方〜高校教員をやめるまでの道のり〜

よい子の人生を送ってきたけれど、ふとこのままでいいのか悩んだあなたへ。一緒によい子をやめる練習しませんか?

定時退勤、今日も成功!

今日も定時に退勤できました。

 

毎週水曜日には退勤するぞと誓って、

 

先週と今週は退勤に成功しました。

 

 

6時間目終わって、

 

終礼後の掃除のチェックも終わって、

 

ほっとしようものなら5時なんてすぐ目の前。

 

先生たちも職員室で

 

今日あった生徒の様子や

 

明日の1日の流れ、

 

腹が立つできごとなど

 

リラックスして情報交換したり

 

噂話したりする時間。

 

みんな、怒濤のような1日が

 

とりあえず終わったことにほっとしている。

 

慌ただしい1日が終わり、

 

自分の授業ももう終わって緊張がとけ、

 

やっと自分のペースを取り戻し、

 

昼ごはんが食べられるようになる。

 

午後に授業があるときの私の昼ごはんは、

 

いつも四時半。

 

 

 

このときに、自分もほっとしたくなるんだけど

 

この空気に流されず

 

やるべきことを整理して

 

一個一個やることリストを

 

淡々と地道にこなしていく。

 

 

これができるようになってから、

 

「昼ごはん食べてから仕事しよう。。。」

 

とだらだらすることがなくなった。

 

 

いつもなら、やっと緊張からとけて

 

やっとごはんが食べられて、

 

そのままだらだら仕事してしまう。

 

でも、

 

「定時に上がるぞ。

 

今日やるのは今日できるところまで。

 

明日できることは明日やる。」

 

と決意すると、

 

気持ちにメリハリができた。

 

 

部活で6時半まで残らないといけないときも、

 

授業準備とか頭使うことは

 

5時過ぎまでに終わらせて

 

のこりの90分は

 

頭の使わない作業だけにしておく。

 

ウエイトの大きい、頭使う仕事は

 

もう5時以降には残さないように努力する。

 

 

もちろん、それがうまくいかなくてもいい。

 

まずは水曜日は帰る日。

 

「定時に帰るには、とにかく帰ること。」

 

まずは時間通りに帰る訓練と思って、

 

水曜日は死守していこう。